カテゴリー「★★★★☆」の70件の記事

2014年10月23日 (木)

293 『イブの七人の娘たち』 ブライアン・サイクス 初版2001

ついに、
全人類の完璧な母系図を組み立てるというわたしの夢が、
実現しようとしていた。
一族がひとつずつ合体し、やがてたったひとつの祖先へと、
アフリカ全体の、そして残りの世界全体の母へとたどり着く。
Dvc00003

apple原作

"The Seven Daughters of Eve"  (2001/07) Sykes, Bryan

apple概要

我々はどこから来たのか? そんなことをふと思い浮かべたことはないだろうか。この答えの鍵を握るのが、DNAである。DNAはどんなに長い年月を経ても、消えることもなければさびつくこともなく、朽ちることもない。我々の中で息づく、古代世界からの旅人なのだ。
人類は皆、20万年前のアフリカ女性「イヴ」の子孫であるといわれている。オックスフォード大学で遺伝学の教授を務める著者はさらに、6億5000万人にのぼる現代ヨーロッパ人の母系祖先は7人の女性に分類できるとしている。この女性たちに名前をつけると、アースラ、ジニア、ヘレナ、ヴェルダ、タラ、カトリン、ジャスミン。それぞれ、別の時代に別の場所で生活を送っていた女性たちである。

ミトコンドリアDNAには、母親からしか受け継がない、遺伝子の組み換えが起こらないという2大特徴がある。このミトコンドリアDNAをたどっていけば、ヨーロッパ人の誰もが、自分の祖先を知ることができるのである。そして、人類の歴史―― 我々はネアンデルタール人の末裔なのか、はたまたクロマニョン人の末裔なのか―― を知ることができるのだ。

本書は、こうした研究、発見にまつわる裏話と、それがヨーロッパにかぎらず世界中の人々にとって意味するものを明らかにしている。そして、ホモ・サピエンスの歴史が遺伝子に記録されていった道筋について語っている。

apple読むきっかけ&目的&感想

図書館でたまたま見た本棚にあった「ミトコンドリアが進化を決めた(2007)」を借りて読んだら面白かったので、それに関連する本を検索して探してみたら、本書「イヴの七人の娘たち(初版2001)」が面白そうだったので読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

面白かったので、同著者の次作『アダムの呪い』も読んでみたい。
 

続きを読む "293 『イブの七人の娘たち』 ブライアン・サイクス 初版2001"

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

286 『原発と原爆 「日・米・英」核武装の暗闇』 有馬哲夫 初版2012年

原発は単なる電力生産工場ではない
・・・・・核なき核大国へ

Dvc00001

flair概要

日本の原子力発電をリードしてきた権力者たちには、核オプションを持つという戦略があった。米英の機密文書から初めて明らかにされるイギリスを巻き込んでのプルトニウム確保、ロッキード事件へとつながる原発建設ラッシュ。

  • 第1章 広島に原発を建設? (3・11が原爆と原発をリンクさせた「広島に原発を」というイェーツ提案 ほか)
  • 第2章 なぜ、日本最初の原発はイギリス製だったか (正力の宣戦布告プルトニウムへの執着 ほか)
  • 第3章 東海発電所と核武装 (原子力委員長・佐藤栄作研究された核武装の可能性 ほか)
  • 第4章 ロッキード事件とウラン調達 (原発建設ラッシュと核燃料田中角栄は濃縮ウランの大量輸入を決めた ほか)
  • 第5章 核なき核大国へ (カーターの核不拡散政策NPTの穴 ほか)

flair読むきっかけ&目的&感想

1ヵ月ほど前に新聞の書籍紹介で知った本。3.11以後に書かれた本だという事と、原発と外交の関係という切り口に興味を持った。

さくら好み ★★★★

続きを読む "286 『原発と原爆 「日・米・英」核武装の暗闇』 有馬哲夫 初版2012年"

| | コメント (0)

2012年9月30日 (日)

281~285 備忘録「最近の中国事情」

壁の向こう側からの視点で 向こう側を見る・・・

Dvc00006

281『中国激流 13億のゆくえ』(2005) 興梠一郎

9/20/2012(木曜日) TBSラジオ「Dig」に出演していた興梠 一郎さんの本。本格的な市場解放期の始まりに起きつつある問題が、具体例を交えて分かりやすく書かれている。

興梠 一郎(1959年 - ) 日本の評論家。神田外語大学教授、神田外語大学外国語学部中国語学科主任。専攻は現代中国論。大分県出身。九州大学経済学部卒業後、三菱商事中国チームにて勤務。カリフォルニア大学バークレー校修士課程修了、東京外国語大学大学院修士課程修了。外務省専門調査員(香港総領事館 1996 - 99)、外務省国際情報局分析第二課専門分析員(2002 - 04)、参議院第一特別調査室客員調査員を歴任。NHKスペシャル『激流中国』(2007 - 08)の資料提供者。

282『「今の中国」がわかる本 この100年で中国に起こったこと、そして、これから起こること』(2007) 沈才彬

中国人から見た米中関係や日中関係などが、経済的な視点を中心にして簡潔に書かれていて理解しやすい。どの頁からでもサクサクと読み進めることが出来て気軽に読める。

沈 才彬(1944年 -) 中国経済のスペシャリスト。多摩大学大学院客員教授、(株)中国ビジネス研究所代表。中国江蘇賞海門市生まれ。1981年、中国社会科学院大学院修士課程終了後、同大学大学院専任講師に就任。1984年から東京大学客員研究員、早稲田大学客員研究員、中国社会科学院大学院助教授、お茶の水女子大学客員研究員、一橋大学客員研究員を歴任し、2001年から08年まで三井物産戦略研究所国際経済センター長、2008年から多摩大学教授、同大学院教授。2012年より現職。

283『変わる中国変わるメディア』(2008) 渡辺浩平

近年の中国におけるメディア(新聞、雑誌、TV、ネット)事情を実例を列挙しながら解説していて、中国人がどうやってどんな情報と接しているかを大雑把に理解することが出来る。

渡辺 浩平(1958年 -) 専門は広報広告論、中国メディア論。東アジアメディア研究センター長、北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院教授。1986年東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了後、博報堂入社。同社北京駐在員事務所、上海駐在員事務所勤務を経て、1997年愛知大学現代中国学部常勤講師。2001年北海道大学言語文化部助教授、2009年より現職。

284『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国』(2009) 麻生晴一郎

渾身のルポ。現地における著者の実感をベースにして、中国人の感覚を中国人の文脈で捉えようと模索していく。

麻生晴一郎(1966 - ) 福岡生まれ。大分、神奈川で育つ。東京大学国文科在学中の87年から上海、ハルビンなどを放浪。大学卒業後、テレビマンユニオンに就職するものの三年足らずで退社。以来98年までの大半を中国、香港、タイ、ラオス、インドや東京の中国人社会などで過ごし、無一文同然の生活を送る。98年より執筆とテレビ制作開始、2003年より執筆に一本化。一年のうち二~三カ月は中国に滞在し、文化人・活動家など多様な人々との交流を続けている。ブログ

285『ネット大国中国 言論をめぐる攻防』(2011) 遠藤誉

9/25/2012(火曜日) TBSラジオ「Dig」に出演していた遠藤誉さんの本。改革開放と一人っ子政策が始動した後の80年代生まれであるバーリンホウ(80后)に焦点を合わせながら、ネットが中国社会にどのような影響を与えているかを描く。

遠藤 誉(1941年 -) 女性物理学者、社会学者、作家。筑波大学名誉教授。中国長春市生まれ、1953年日本帰国。北京大学アジアアフリカ研究所特約研究員、中国国務院西部開発弁公室人材開発法規組人材開発顧問、内閣府総合科学技術会議専門委員、中国社会科学院社会学研究所研究員(教授)、上海交通大学客員教授などを歴任。日中戦争終結後も日本独立回復まで中国で教育を受けるという特異経験をもつため本来物理学者でありながら、日中社会の社会学的考察に基づいた社会評論や自伝小説など幅広い活躍をみせる。

noodle読むきっかけ&目的&感想

尖閣諸島を巡る日中の対立をニュースで見聞きしても、両政府が何をどう主張しているのか、何を目的としているのか、落としどころをどこに定めたいのか、私では何が何だか理解しきれないでいる。それは私自身の中国理解が薄いせいもあるので、中国で本格的な市場解放が始まった2005年以降に書かれた中国関連の本の中から、興味をひかれる題材で読みやすそうなものを適当に選んで読んでみた。

領土問題の今後には、東アジアにおける軍事や経済のパワーシフトや、アメリカ一国中心後の世界秩序の方向性が関わってくる。著しい経済発展をしているBRICs、規制緩和政策が始まったNEXT11、拡大する欧州不安、、、国力バランスの変化に取り残されかねない日本政府外交。。。どうなるかな。

さくら好み ★★★★

続きを読む "281~285 備忘録「最近の中国事情」"

| | コメント (3)

2012年7月26日 (木)

278~280 備忘録「この歳でいわゆる”五十肩” (治療の副作用!?)」

ホルモン療法による「副作用」・・・いわゆる五十肩
Nikemini1

ng読むきっかけ&目的&感想

ホルモン療法を始めて一ヶ月ほどすると起床時に30秒ほど両手指がしびれるようになり、その数ヵ月後あれよあれよという間に両腕が上がらなくなってしまった。ホルモン療法(リュープリン)の「副作用(=老化、更年期障害)」だとは思ったけど、リウマチの症状と似ているので念のために整形外科に行き、レントゲンや血液検査(リウマチマーカー等)をしてもらった。どこにも異常はなかった。で、症状はこの歳で「五十肩」なので、家で簡単に出来るリハビリを色々と知りたくて、本を借りてみた。それが今年の春。

今はかなり回復している。

さくら好み ★★★★

続きを読む "278~280 備忘録「この歳でいわゆる”五十肩” (治療の副作用!?)」"

| | コメント (2)

2012年7月 1日 (日)

275 『人を助ける へんな細菌 すごい細菌 ―ココまで進んだ細菌利用』 中西貴之 初版2007年

人間界で脚光を浴びる細菌たち

Dvc00001

search概要

天空高く飛びまわり,地中深くにひっそり,しかし大胆に潜伏。モノづくりがやたら上手で,薬を作り,磁石を作り,プラスチックまで作り出す。めちゃくちゃピンチに陥ったときは,遺伝子チェンジでパワーアップ。我等がヒーロー・細菌にかかれば,大抵のコトは即解決!!

search読むきっかけ&目的&感想

近年のヨーグルトは高機能で、容器には何やら色々と菌の名前が明記されている。この半年くらいは同じのを食べているけど他のも気になるので、ちょこちょこネットで調べているうちに、細菌って面白いなぁと思うようになった。それで、気軽に読めそうな本書を借りてみた。

さくら好み ★★★★

続きを読む "275 『人を助ける へんな細菌 すごい細菌 ―ココまで進んだ細菌利用』 中西貴之 初版2007年"

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

256 『デザインの教科書』 柏木博 初版2011年

「デザインがわかる」エッセイ
Dvc00002

spade概要

「デザインとは何か」という基本的な質問から、デザインを決める要素、20世紀のモダンデザインから時代が変わっていまのデザインが求められている役割の変化まで。デザイン評論家として知られる著者・柏木博が書いた、受け手・使い手の立場でデザインを知るための絶好の入門書。

spade読むきっかけ&目的&感想

新聞の書籍紹介で知った本。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "256 『デザインの教科書』 柏木博 初版2011年"

| | コメント (2)

2011年3月 6日 (日)

264、265 備忘録 「心と性 ~性の自己認知」

「あなたは どうして 自分が女だと 分かるの?」

Dvc00004

社会は 性別を どう判断するのが 良いのか?

 

264 『性の境界 ~からだの性とこころの性』 山内俊雄 初版2000年

「体の方が間違っているんだ」。心と体の性別が一致しない「性同一性障害」はなぜ起こるのか。微妙なバランスの上に立つ性分化の過程から、「男らしい男」と「女らしい女」だけではない、多様な性のスペクトルが生まれる。日本初の性転換手術の申請を受けて心と体の性の問題を議論した埼玉医大倫理委員会委員長が医学的見地から解説。

265 『ブレンダと呼ばれた少年 ~ジョンズ・ホプキンス病院で何が起きたのか』 ジョン・コラピント 初版2000年

原題: The True Story of JOHN / JOAN By John Colapinto (The Rolling Stone, December 11, 1997. Pages 54-97)

1967年、アメリカで包皮切除手術に失敗した8ヶ月の双子の男の子のひとりが、性科学の権威、ジョン・マネーの勧めによって、性転換手術を受け、ブレンダという名前で女の子として育てられた。性転換をすれば、女性の生殖機能を持つことができ、正常な性生活をおくれるとマネーは説得したが、実は、ブレンダは「性別の自己認識は環境的要因によって決まる」というマネーの理論を裏付けるための格好のモルモットとして利用されたにすぎなかった。マネーは、この症例を医学ジャーナルに発表し、自説の正当性を主張し、キンゼーレポート以来の偉大な発見としてセンセーションを呼ぶ。だが、少女となった男の子のこころと身体は、成長するにつれ重大な危機を迎える・・・。

toilet読むきっかけ&目的&概要

「生物学的に男=性の自己認知も男=性の指向は女=社会的役割は男」であることを求められ、「生物学的に女=性の自己認知も女=性の指向は男=社会的役割は女」であることが当然だと思われ、そして求められる。けど、それらが一致しないセクシャル・マイノリティの人たちがいる。最近その中でも、性同一性障害と呼ばれる人たちの事がとても気になるようになった。2004年に「性同一性障害特例法」が施行され、それ以後特に社会的にも注目を浴びるようになった気がする。

「あなたは どうして 自分が女だと 分かるの?」

これは、『松嶋×町山 未公開映画を観るTV』で取り上げていたドキュメンタリー映画「Prodigal Sons」の中で、性の適合手術を受けて女性になった(でも、性の指向は女性の)キムが、彼女が男性ポールだった時しか知らなかった高校時代の同級生の女性たちが口にした疑問に、答えた言葉の一部だ。「私は、どうして自分が、女だとわかるのか?」、分からない。身体が女だから?(身体が女ってどういう事?染色体?脳構造?生殖機能?)、恋愛の対象が男だから?、お化粧してスカートも履くから?、???、考えたことがない程当たり前に過ごしている。キムにとっても、自分が女だと感じるのはただ感じるのであって、理由云々ではなくそれが紛れも無い自己認知なのだろう。

そういった「性の自己認知」を含む「心の性」がどういうものなのか、とても気になる。ただ「心の性」となると漠然とし過ぎるので、まず「性の自己認知」について知りたいと思った。で、適当なキーワードでググってみて流し読みをしたあと、一般書『性の境界』と有名なノンフィクション『ブレンダと呼ばれた少年』を読んでみることにした。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "264、265 備忘録 「心と性 ~性の自己認知」"

| | コメント (2)

2011年2月26日 (土)

263 『ワシントンハイツ GHQが東京に刻んだ戦後』 秋尾沙戸子 初版2009年

アメリカ追随を続けてきた日本のあり方に
多くの人が首をかしげ始めたいま、
あえて占領に光をあてたのは、
安直なGHQ批判で戦後を切り取る声に
疑問を感じたからだ。

Dvc00002

生まれてこの方、
当たり前だと思ってきたことのほとんどが
アメリカと無関係ではなかった。

event概要

占領期、明治神宮に隣接してひとつの「街」を作り上げた米軍と家族たち。フェンスに囲まれたそのエリアから、日本人の「アメリカ化」の波は広がっていった ―。焦土の中に降り立ったGHQは、東京をどうデザインし、我々の生活に何を埋め込んだのか。隣人として身近で接した市民は、その「戦略」をどのように肌 身で受け止めたのか。日米双方の新資料・貴重な肉声をもとに、占領を市民の目線から捉え直す。

event読むきっかけ&目的&感想

ポッドキャスト『ジブリ汗まみれ 2010.12.28』後半、『EnterJam 町山智浩のアメリカ映画特電 第103回 2011.01.16』、『ちょっきりこっきりヴォイニッチ 2011.01.29』終盤で、戦後の邦画と自身の経験に絡めて、軍国主義的精神がどう変遷していったかを話していて面白かった。でもって、その変遷の元には、GHQ政策が深く関わっているらしかった。

日本はアメリカ合衆国の49番目の州だと皮肉るコメンテーターの言葉の裏にある感覚の元、どのようにしてアメリカ占領政策が根付き親米感情が高い日本になったかの元、を知りたいと思った。

で、いつものように適当にあたりをつけて、まず一冊読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "263 『ワシントンハイツ GHQが東京に刻んだ戦後』 秋尾沙戸子 初版2009年"

| | コメント (4)

2011年2月16日 (水)

257~262 備忘録 「脳と心、身体と人格」

Folon_2

257『音楽嗜好症(ミュージコフィリア)~脳神経科医と音楽に憑かれた人々~』 オリバー・サックス 初版2010年

原題:Musicophilia: Tales of Music and the Brain 2007 U.S.

落雷による臨死状態から回復するやピアノ演奏にのめり込みだした医師、ナポリ民謡を聴くと必ず、痙攣と意識喪失を伴う発作に襲われる女性、指揮や歌うこと はできても物事を数秒しか覚えていられない音楽家など、音楽に必ずしも好まずして「憑かれた」人々を温かく見守りながら、時にしつこく人間の頭の中にまと いついて悩ませ、時に障害を治療する効果を発揮する、人間にとって不可分の存在であるように思われる音楽に共感を馳せる。脳神経科医サックスの待望久しい 本格的医学エッセイ。    

258『音楽好きな脳~人はなぜ音楽に夢中になるのか~』 ダニエル・J・レヴィティン 初版2010年

原題:This Is Your Brain on Music: The Science of a Human Obsession 2006 U.S.

音楽を聴く、楽器を演奏する…その時、あなたの脳に何が起こっているのか? 著者は1957年サンフランシスコ生まれ、マギル大学(モントリオール)心理学・行動神経科学教授。認知心理学者・神経科学者であると同時にレコード・プロデューサーとしてのキャリアをもつ異色の存在。『音楽好きな脳』でデビュー。

259『脳研究の最前線 上・下』 理化学研究所脳科学総合研究センター 初版2007年

第一線の脳科学者が語る脳科学の現在と未来脳研究のメッカ理化学研究所・脳科学総合研究センター創立10周年記念出版。上巻では、記憶や認知のしくみ、知性の起源、脳と精神疾患との関係について紹介。 下巻では、脳の情報伝達、こころと脳の問題、アルツハイマー病の治療法などを解説。

260『脳の栄養失調~脳とダイエットの危険な関係』 高田明和 初版2005年

糖分と脂肪を目の敵にし、肉より野菜という「ヘルシーな食生活」がかえって糖尿病をまねき、うつや能力低下をもたらすことがある。大脳生理学から見た、ホントは危ない健康常識。脳が栄養失調にならないためには?    

261『暴走する脳科学 哲学・倫理学からの批判的検討』 河野哲也 初版2008年

脳研究によって、心の動きがわかるようになるのか。そもそも脳イコール心と言えるのか。脳を調べることで心の状態を読むことは可能か。人間の行動は脳によって決定され、自由などは幻想に過ぎないのか。脳研究が医療や教育、犯罪捜査、裁判などに応用されることは、どのような社会的インパクトを持ち、どのような倫理的問題が生じるだろうか。―“脳の時代”を生きる我々誰しもが持つ疑問に、気鋭の哲学者が明快に答える。現代人必読の“脳科学リテラシー”入門書。

262『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一 初版2007年

分子生物学に関わる科学者やその功績を紹介しながら、「生命とは何か」という問いに迫る。

think読むきっかけ&目的&感想

少し前に読んだオリバーサックスの医学エッセイやTVメディアの影響もあって、「脳科学」や「脳と心」に関心を持つようになった。脳科学は90年代以降に飛躍的に進歩したらしいので、なるべく出版が新しいものの中からそれっぽい一般書を適当に選んで読んでみた。

さくら好み ★★★★

続きを読む "257~262 備忘録 「脳と心、身体と人格」"

| | コメント (0)

2010年12月20日 (月)

254~256 備忘録 「脳神経科医 オリバー・サックス」

Dvc00003_2

254 『色のない島へ 脳神経科医のミクロネシア探訪記』 初版1999年

原題: The Island of the Colorblind (1997)

概要: 先天性全色盲の患者が集団で暮らすピンゲラップ島、原因不明の神経病が多発しているグアム島…。「島」という環境ゆえに特異な風土病が残るミクロネシア。奇妙な病気とともに生きる島の人々の日常生活を心暖まる筆致で描く。

255 『火星の人類学者 脳神経科医と7人の奇妙な患者』 初版1997年

原題: An Anthropologist on Mars (1995)

概要: すべてが白黒に見える全色盲に陥った画家、激しいチックを起こすトゥレット症候群の外科医、「わたしは火星の人類学者のようだ」と漏らす自閉症の動物学者…脳神経科医サックスは、患者たちが抱える脳の病を単なる障害としては見ない。それらは揺るぎないアイデンティティと類まれな創造力の源なのだ。往診= 交流を通じて、不可思議な人生を歩む彼らの姿を描か出し、人間存在の可能性を謳った驚きと感動の医学エッセイ。

256 『化学と過ごした私の少年時代 タングステンおじさん』 初版2003年

原題: Uncle Tungsten: Memories of a Chemical Boyhood (2001)

概要: 「タングステンこそ理想的な金属だ」と、その根拠を力説してくれたおじ、遍在する数の法則を語るおば、真摯に働く医師の両親、発狂してしまった兄。強烈な個性がぶつかりあう大家族にあって少年サックスが魅せられたのは、科学のなかでも、とりわけ不思議と驚異に満ちた化学の分野だった。

banana読むきっかけ&目的&感想

メディカル・エッセイ集『妻を帽子と間違えた男』を読み、原作映画『レナードの朝』を見て、オリバー・サックスの世界をもう少し知りたいと思うようになり、何冊か読んでみる気になった。いずれ『音楽嗜好症(ミュージコフィリア) ― 脳神経科医と音楽に憑かれた人々』も読んでみたい。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "254~256 備忘録 「脳神経科医 オリバー・サックス」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧