« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月の1件の記事

2014年11月16日 (日)

294 『アダムの呪い』 ブライアン・サイクス 初版2004

激しい雨に 鳴りやまない遺伝子
Oh 咲かせてあげたいの
運命の花を あてどないソウルの花を
This is love this is love ~♪♪

Dvc00001

typhoon原作

"Adam's Curse: A Future Without Men"  (2003) Sykes, Bryan

typhoon概要

前作『イヴの七人の娘たち』で、すべての女性の先祖は最終的に全人類に共通のたった1人の母にまでさかのぼることができる、と示した著者。本書では男性の共通先祖を追い求める。女性のときはミトコンドリアDNAを用いたが、男性で用いるのはY染色体だ。冒頭、今回の研究にのめりこむきっかけが生き生きと描かれる。

オックスフォード大学分子医学研究所の遺伝学教授である著者は、製薬会社から講演を依頼されたのだが、会社の会長の姓が偶然、自分と同じ「サイクス」だったために、関係者に何度も親戚なのかと聞かれた。もしやと思いDNAを調べたところ、ぴったり一致したのだ。

このエピソードを入り口に、DNAの役割、染色体発見の歴史的経緯、ヒトの性別がどう決まるのか、なぜ2つの性があるのか、などの疑問に次々と答えていく。チャールズ・ダーウィンが唱えた進化論、「“種の存続のため”に進化は機能する」を、ウィリアム・ハミルトンが見事に覆して「自然選択では“遺伝子のために”進化が機能する」と証明してみせるあたりの記述は、息をもつかせぬスピード感に満ちている。タイトルがなぜ「アダムの呪い」なのかの謎解きは、ぜひ読んで楽しんでほしい。第一線の研究内容を平易な言葉で書いているので、最後まで飽きずに読めるだろう。

typhoon読むきっかけ&目的

前作「イブの」が面白かったので読んでみた。

さくら好み ★★★☆☆

前作同様、過去を遺伝学から検証するというプロセスがとても面白かった。人間の体の中に遥か遠い過去に生きた祖先の記憶が記されていて、それを「読む」ことが出来るなんて!?、なんてスゴイんだろうか。

続きを読む "294 『アダムの呪い』 ブライアン・サイクス 初版2004"

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »