« 2013年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の1件の記事

2014年10月23日 (木)

293 『イブの七人の娘たち』 ブライアン・サイクス 初版2001

ついに、
全人類の完璧な母系図を組み立てるというわたしの夢が、
実現しようとしていた。
一族がひとつずつ合体し、やがてたったひとつの祖先へと、
アフリカ全体の、そして残りの世界全体の母へとたどり着く。
Dvc00003

apple原作

"The Seven Daughters of Eve"  (2001/07) Sykes, Bryan

apple概要

我々はどこから来たのか? そんなことをふと思い浮かべたことはないだろうか。この答えの鍵を握るのが、DNAである。DNAはどんなに長い年月を経ても、消えることもなければさびつくこともなく、朽ちることもない。我々の中で息づく、古代世界からの旅人なのだ。
人類は皆、20万年前のアフリカ女性「イヴ」の子孫であるといわれている。オックスフォード大学で遺伝学の教授を務める著者はさらに、6億5000万人にのぼる現代ヨーロッパ人の母系祖先は7人の女性に分類できるとしている。この女性たちに名前をつけると、アースラ、ジニア、ヘレナ、ヴェルダ、タラ、カトリン、ジャスミン。それぞれ、別の時代に別の場所で生活を送っていた女性たちである。

ミトコンドリアDNAには、母親からしか受け継がない、遺伝子の組み換えが起こらないという2大特徴がある。このミトコンドリアDNAをたどっていけば、ヨーロッパ人の誰もが、自分の祖先を知ることができるのである。そして、人類の歴史―― 我々はネアンデルタール人の末裔なのか、はたまたクロマニョン人の末裔なのか―― を知ることができるのだ。

本書は、こうした研究、発見にまつわる裏話と、それがヨーロッパにかぎらず世界中の人々にとって意味するものを明らかにしている。そして、ホモ・サピエンスの歴史が遺伝子に記録されていった道筋について語っている。

apple読むきっかけ&目的&感想

図書館でたまたま見た本棚にあった「ミトコンドリアが進化を決めた(2007)」を借りて読んだら面白かったので、それに関連する本を検索して探してみたら、本書「イヴの七人の娘たち(初版2001)」が面白そうだったので読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

面白かったので、同著者の次作『アダムの呪い』も読んでみたい。
 

続きを読む "293 『イブの七人の娘たち』 ブライアン・サイクス 初版2001"

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2014年11月 »