« 289 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹 初版2013 | トップページ | 293 『イブの七人の娘たち』 ブライアン・サイクス 初版2001 »

2013年8月10日 (土)

290-292 ルース・チュウの“魔女の本棚”シリーズ

1970年代・80年代に
アメリカの子どもたちを夢中にさせた
ルース・チュウの魔女シリーズ

魔女なんだけど、いわゆる魔女らしくはない
愛嬌たっぷりの魔女!

Dvc00008
aquarius概要
 
『水曜日の魔女 (魔女の本棚 2) 』 おかあさんの香水にひきよせられてやってきた、とんがり帽子のへんてこなそうじき屋。なぜか水曜日になるとあらわれて、ひとさわぎ。じつはこのそうじき屋、ほうきではなくそうじきにのって空をとぶ魔女だったのです…。
 
『さかさま魔女 (魔女の本棚 3) 』 気がついたら、目の前にいたのは、頭を下に、足を上に向けて立っているへんなおばあさん。どうやら魔法をかけまちがえた魔女らしいのですが…。このまちがいのおかげできみょうな、楽しい冒険がはじまりました!
 
『13番目の魔女 (魔女の本棚 4) 』 新しくできた、アンティークショップの主人ゼルダは、黒ずくめで深い緑の目をしたおばあさん。どうやら魔女らしいのですが…。魔法の銀みがきクリームを手に入れた姉弟がゼルダをめぐる、すてきな冒険にとびだします!
 
aquarius読むきっかけ&目的&感想
 
図書館で探していた本と同じ棚にあった本。背表紙にある「魔女」の文字に惹かれ、取り出して見た「たんじ あきこ」さんの表紙イラストに心奪われ、ちらっと読んだ「70、80年代にアメリカの子どもたちを夢中にさせた」という説明で借りることを決めた。
 
さくら好み ★★★★★

とっても楽しい本だった。

日本人のオトナの私が読むからだけど、子どもの描写から伺われるアメリカの日常風景が興味深かった。だから、訳者あとがきにあるその辺りの添え書きも面白かった。

|

« 289 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹 初版2013 | トップページ | 293 『イブの七人の娘たち』 ブライアン・サイクス 初版2001 »

コメント

暑い夏なのでこんなゆる系ファンタジーもいいな。
捜してみよう^_^

投稿: | 2013年8月12日 (月) 07時59分

この3冊の中では『水曜日の魔女』が
一番わたし好みで面白かったよん。
今、同じシリーズの別の本を読んでる。

『孫子』、面白いね~。 ^^

投稿: さくらスイッチ | 2013年8月13日 (火) 07時33分

おすすめ、ありがとう♪
楽しみ~book
「孫子」いいね♪どんどん見てるよ、エピソード30まで来たよ。
二人の姫がなかなかいいね(*^^*)

投稿: nono1 | 2013年8月13日 (火) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 289 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹 初版2013 | トップページ | 293 『イブの七人の娘たち』 ブライアン・サイクス 初版2001 »