« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の1件の記事

2012年11月 4日 (日)

287 『三国志 演義から正史、そして史実へ』 渡邉義浩 初版2011年

『演義』を入り口に、「正史」の記述を検討
そして、史実の世界へと誘う

Dvc00001

sagittarius概要

日本人をも魅了し続ける、三国志。しかし、『三国志演義』や、それを下敷きにした小説・ゲームの世界は「虚構」に満ちている。また、「正史」と呼ばれる歴史書の『三国志』も書き手の偏向がつきまとう。本書は、一般に親しまれている『演義』を入り口に、「正史」の記述を検討。そして、史実の世界へと誘う。暴君董卓の意外な美点、曹操が文学に託したもの、劉備と諸葛亮の葛藤―あなたの知らない三国志がここにある。

sagittarius読むきっかけ&目的&感想

中国時代劇『三国志 Three Kingdoms』全95話をGyaO!で見ていくうちに、どのくらいが虚構でどのくらいが史実なのかが気になるようになった(私は映画『レッドクリフ』でしか三国志作品に触れていなかった)。わたしがドラマを見ていた時、たまたま知人が吉川栄治の歴史小説『三国志』を読んでいたのでそれとなく聞いてみたけど、お互いに「どうなんだろうね~」「そもそも1800年近く前の事だから どのくらいの事が正確に残っているか、、、」という感じで終わってしまった。

で、このドラマ三国志で日本語字幕を監修した渡邉義浩さんの本を検索してみたら、面白そうな本書があったので読んでみた。

さくら好み ★★★★

続きを読む "287 『三国志 演義から正史、そして史実へ』 渡邉義浩 初版2011年"

| | コメント (3)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »