« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の1件の記事

2012年1月15日 (日)

257~260 備忘録「日常の脈絡」

一事が万事!!
Dvc00003

257 電化製品列伝(2008)

伝自らの作品を「長嶋家電文学」と称す著者が、現代文学で描かれる電化製品を熱く語り尽くす!こんな読み方があったのか!と、思わず目からウロコが落ちる書評(+映画評)18篇を収録。テレビにアイロン、加湿器、炊飯ジャーから電気シェーバーまで…「オール電化」な“異色”書評&エッセイ集。

258 作家の胃袋(2010)

子どものころの食の記憶、残っていますか?美味しいと感じる、料理の一品は何ですか?人には、それぞれの胃袋が感じる辛酸甘渋の人生があります。胃袋を通して語る、人生物語。

259 文学的商品学(2004)

商品情報を読むように、小説を読んでみよう。文学の面白さはストーリーや 登場人物の魅力だけではない。作品に登場するモノやその描写を見ていくと、 思いもかけなかった読み方ができることに気づくだろう。ファッション,風 俗,ホテル,バンド,食べ物,そして「貧乏」。9つのテーマをめぐって, 村上春樹から渡辺淳一まで読みくらべる,痛快無比の文芸評論。

260 物は言いよう(2004)

『噂の眞相』の連載に大幅に加筆して単行本化。笑いながら自然に身につくフェミ感覚。女性相手に「語るに落ちる」のが怖い人も、セクハラ発言にうんざりしている人も必読です。個々の事例(発言・言説)は1999年から2004年までの、主として新聞、雑誌、書籍の中から採られている。

続きを読む "257~260 備忘録「日常の脈絡」"

| | コメント (6)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »