« 231~235 備忘録 「身体が動く仕組み」 | トップページ | 238 『ウンココロ』 安藤文平、藤田紘一郎 初版2005年 »

2010年9月25日 (土)

236,237 備忘録 「自転車で遠くへ行きたい」

動力は人間の力だけ!

Dvc00003Dvc00002

236 『自転車で遠くへ行きたい。』 米津一成 初版2008年

<概要> 自転車で遠くへ行きたい。その「遠く」とは物理的な距離だけではない。ロードレーサーはあなたの「心」も遠くへ連れて行ってくれるはずだ。(プロローグより)  「エコだから」「環境のことを考えて」「メタボ対策に」・・・自転車に乗るためにそんな理由付けは必要がありません。著者は「僕は楽しいから自転車で走る」のだと語りかけます。

237 『ドロンジョーヌ恩田の自転車美女入門 ~女子力アップで心も体もリフレッシュ』 初版2010年

<概要> 徹底的に女子向け! 自転車を楽しむことで、結果的には美しい体を手に入れる目からウロコのビューティーサイクル。・とにかくおしゃれに乗る ・ロードバイクが一番好き ・走るのは山がいい ・女であるというだけで、スパイスが効いたスタイルが出来上がる ・いくつになっても恋をしていたいから、自転車に乗る ・・・・・などなど、自転車好きとしてのリアリティ、庶民派、人間味などドロンジョーヌ恩田らしい要素で描く、自転車指南書です。

bicycle読むきっかけ&目的&感想

ロードレーサーやクロスバイクの人を見かける度に、気持ち良さそうだなぁ~、私も欲しいなぁ~、なんて思うようになった。で、疑似体験してみようと思って、適当な本を選んで読んでみた。

さくら好み ★★★☆☆

『自転車で遠くへ行きたい。』を読んで思ったのは、とにかく気持ち良さそうで楽しそうだという事だ。当たり前だけど徒歩より速い、かといって自動車や電車より遅くて、風を感じながら周りの景色を堪能する余裕があってとても面白そうだ。とは言え、私にはちょっとリスクが高過ぎるみたいだとも感じた。きちんとメンテナンス出来ないだろうし、何より、思ったより速いスピードで車道左を走るというのが不安だし怖い。

次に『ドロンジョーヌ恩田の自転車美女入門』を読んで思ったのは、大変そうな割には楽しくなさそうだなぁという事だ。彼女がいう楽しみ方やメリットに魅力を感じられなかった。これは嗜好性の違いなので仕方無いかもしれない。でも「カラダの変化(中身)編」に、自転車に乗り始める前と後の変化として、5年前には35.8度だった平熱が今では36.6度になったとあり、これはちょっとだけいいなぁと思った。(平熱の上昇はジョギングでも可能なはずなので、今後の自分自身の変化に期待。)

本当は自転車関連の本を数冊読むつもりだったけど、2冊読んだだけで気が萎えてしまった。おかげでクロスバイクが欲しいという気持ちもスッカリ無くなり、これはこれで読んだ甲斐があった(笑)。ただ、自分を取り巻く環境が変われば気も変わるかもしれないので、いつか気持ちが再燃するかもしれない。

|

« 231~235 備忘録 「身体が動く仕組み」 | トップページ | 238 『ウンココロ』 安藤文平、藤田紘一郎 初版2005年 »

コメント

そうだね、ジョギングでも平熱は上がるはず!
自転車、いつか再燃しそうだね♪(^_^)

投稿: noon1 | 2010年9月25日 (土) 07時54分

体温のログを取ろうかなぁ、という気になったよ。
仮に平熱に変化が現れなくても、
女性が体温変化を把握するのは、健康管理に繋がりやすいしね。

結構年配の方も自転車を楽しんでいるようなので、
10年後くらいに自転車熱が再燃しても、心配なさそう。 ^^♪

投稿: さくらスイッチ | 2010年9月25日 (土) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 231~235 備忘録 「身体が動く仕組み」 | トップページ | 238 『ウンココロ』 安藤文平、藤田紘一郎 初版2005年 »