« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の5件の記事

2010年8月28日 (土)

227~229 備忘録 「鳴海風の和算小説」

227 『円周率を計算した男 初版1998年

<概要> 江戸中期、円周率の公式を明らかにした建部賢弘の苦闘の生涯を描く表題作をはじめ、和算の世界を活写する6篇を収録。第16回歴史文学賞受賞作。

228 怒濤逆巻くも 幕末の数学者小野友五郎 初版2003年

<概要> 二両一人扶持という微禄の笠間藩士の四男に生まれた小野友五郎。数学の才能を認められ、幕府の天文方、そして長崎海軍伝習所一期生として西洋数学と航海術を習得。航海長として咸臨丸に乗り組み、アメリカへ。幕末の傑出したテクノクラートを描く渾身の書き下ろし歴史長篇。    

229 『美しき魔方陣 久留島義太見参!』 初版2007年

<概要> 美しい詰将棋を作り、和算家として超人的な能力を持ちながら、浪人暮らしを続ける久留島義太。好きな酒につられ、土屋土佐守の薦めで磐城平藩の登用試問に参加し、そこで知り合った松永良弼と妹の芙蓉と親しくなる。しかし、藩を我がものにしようとする野心家が、その兄妹に奸計を仕組んだ。藩と二人を守るため、久留島は空前絶後の立体魔方陣勝負に挑む! 左右対称となる詰将棋、登用試問での和算の出題の数々、立方四方陣…。実在した天才和算家である久留島義太が大活躍する、書き下ろし和算エンターテインメント小説。

clover読むきっかけ&目的&感想

常設サイエンス・カフェ「ガリレオ・ガリレイ」のランチ付き講演「暦作りから発達した江戸時代の天文学」が面白そうだったので予約をとった(江戸時代の人々の暮らしの中の暦と、当時の天文学レベルの一端を話してくれる)。その講演が明日なので、事前に話者である鳴海風さんの著書を読んでいたらより面白く講演を聞けるかもしれない、と思い読んでみた。

さくら好み ★★★★

続きを読む "227~229 備忘録 「鳴海風の和算小説」"

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

224~227 備忘録 「ジョギングのスピード練習、ご飯」

気持ちよく走って 美味しく食べて 日々の体調管理をする

Dvc00007
熱田神宮の大楠

224 『ゆっくり走って、しっかり食べて、やせられる ランナーズご飯』 谷川真理・監修、沼口ゆき・著 初版2009年

<概要> ビギナーから上級者までよく分かる、走る人への料理BOOK。「走りのプロ谷川真理」がアドバイス、「料理のプロ」が走った同時進行レポート。    

225 『金哲彦の ウォーキング&スローラン』 金哲彦 初版2010年

<概要> 心肺への負荷がランニングほどではなく、ウォーキングよりも脂肪燃焼効果の高い「スローラン」を紹介。ガンガン体脂肪を燃やし、理想のカラダを手に入れましょう!  

226 『マラソンは毎日走っても完走できない 「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ』 小出義男 初版2009年

<概要> 毎日走っているだけではマラソンの練習になっていない。本書では、このマラソン用の練習を説いていく。初めて走ろうと考えている人から、将来フルマ ラソンを走ってみたいと思っているジョガー、そして3時間台での完走を目標にしているランナーにまで、段階別に伝授。金メダリストたちの練習内容も初公開する。    

227 『弘山晴美のマラソン術 スピードトレーニングでタイムが伸びる』 弘山勉 初版2005年

<概要> どのようにして弘山晴美という選手が作られたのか? 91年より晴美のコーチを務めてきた弘山勉が、そのメニューとノウハウを公開。記録に挑戦する一般ランナーのヒントとなる一冊。

foot読むきっかけ&目的&感想

7月からジョギングを始め、今のところなんとか週4ペースで走っている(いつまで続くか分からないけどw)。私は確実に時間を確保するためと安全面を考慮して、早朝に走っている。そのせいで以前より朝食を多目に食べるようになった。それで、いい機会なので食生活を見直してみる気になり、適当に探して読んでみた。

あと、走っている時にすれ違う、あるいは追い抜いていくランナー諸氏がとてもカッコイイので、私ももう少しだけ速く走りたくなってきた。それで、スピード練習を来月あたりから始めてみようと思い、適当に探して読んでみた。

さくら好み ★★★★

続きを読む "224~227 備忘録 「ジョギングのスピード練習、ご飯」"

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

223,224 備忘録 「それでも、戦争・・・」

「戦争」

Dvc00003

223 『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 加藤陽子 初版2009年

<概要> 普通のよき日本人が、世界最高の頭脳たちが、「もう戦争しかない」と思ったのはなぜか? 高校生に語る――日本近現代史の最前線。

かつて、普通のよき日本人が「もう戦争しかない」と思った。世界最高の頭脳たちが「やむなし」と決断した。世界を絶望の淵に追いやりながら、戦争はきまじめともいうべき相貌をたたえて起こり続けた。その論理を直視できなければ、かたちを変えて戦争は起こり続ける。だからいま、高校生と考える戦争史講座。日清戦争から太平洋戦争まで。講義のなかで、戦争を生きる。

日本だけでなく、世界の人々がなにを考え、どのような道を選択したのか、 かつての人々が残した言葉をたどりながら、詳しく鮮やかに紐解いてゆきます。縦横無尽に「戦争」を考え抜く。歴史の面白さ・迫力に圧倒される5日間の講義録。    

224 『それでも私は戦争に反対します。』 日本ペンクラブ編 初版2004年

<概要> 国際貢献と国益重視というかけ声ばかりが響くこの国で、戦争反対の声はかき消されようとしています。日本国憲法の下で抑制されてきた国外紛争地への自衛隊 派兵も、小泉政権はあっさりと実現してしまいました。

しかし――それでも私たちは戦争に反対します。なぜ?どんな根拠で?そしていま、私たちに何ができるの か? 四十五通りの試みが、ここにあります。あなた自身の四十六番目の答えを見つけだしてください。創作、手紙、エッセイで描く「二十一世紀戦争」のリアリティ。

pencil読むきっかけ&目的&感想

何かの記事で『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』を知り、アマゾンで概要を知ろうと検索をかけた時に『それでも私は戦争に反対します。』を知った。どちらの概要にも興味を引かれたので読んでみた。

さくら好み ★★★★★

続きを読む "223,224 備忘録 「それでも、戦争・・・」"

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

220~222 備忘録 「ねじまき鳥」他

220 『ねじまき鳥クロニクル 第1部~3部』 村上春樹 初版1994年、1995年 *〈第1部〉泥棒かささぎ編、〈第2部〉予言する鳥編、〈第3部〉鳥刺し男編

221 『リアル・シンデレラ』 姫野カオルコ 初版2010年

222 『暁の群像 ~豪商 岩崎弥太郎の生涯』 南條範夫 初版1989年

Dvc00011

「ねじまき鳥」は、‘にわか村上春樹ファン’になったので読んでみた。

「リアル」の原型に登場する人物のイメージがTBSラジオ「にち10」アシスタントの中澤有美子だというので知り、気になったので読んでみた。

「暁の」は、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で香川照之が演じる岩崎弥太郎(後の三菱財閥創業者)に興味を持ったので読んでみた。

続きを読む "220~222 備忘録 「ねじまき鳥」他"

| | コメント (0)

219『珈琲 (日本の名随筆集 別巻3)』 清水哲男・編 初版1991年

珈琲を縦糸にして幾多の日常を垣間見られる

Dvc00001

cafe概要

珈琲にまつわる随筆ばかりを集めた本。

cafe読むきっかけ&目的&感想

5年程前に珈琲にまつわるエッセイを探していて本書を見つけた。それ以来、私が繰り返し読む本の一冊になり、年末の仕分けを免れて現在も私の本棚に鎮座している。文章に珈琲が登場するだけで、とたんに臨場感が生まれるから不思議だ。珈琲のある風景は共有しやすいし、共感もしやすい。

続きを読む "219『珈琲 (日本の名随筆集 別巻3)』 清水哲男・編 初版1991年"

| | コメント (12)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »