« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の4件の記事

2010年7月11日 (日)

218『名古屋みちくさランニング。』 名古屋ランニングジャーナル著, 編 初版2010年

ファン・ランニング~

 Dvc00001

shoe概要

ちょっと旅する気分で、知らないまちを気ままに走る。買ったばかりのウェアに身を包み、都心をさっそうと駆けてみる。ほら、なんだかワクワクしませんか。本書『名古屋みちくさランニング』は、ランナーによるランナーのためのガイドブック。発着点、立ち寄りスポット、コースプラン、すべてランニングを前提にルート設定していますから、既存のウォーキングや散策ガイドとは大きく異なります。全31コースを何度も実走取材し、「走る人」の立場で編集。旅ランやカフェランを楽しみたい方はもちろん、トレーニングとして練習コースをお探しの方にも自信をもっておすすめします!

shoe読むきっかけ&目的&感想

最近ジョギングを始めたので、参考になるかと思って読んでみた。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "218『名古屋みちくさランニング。』 名古屋ランニングジャーナル著, 編 初版2010年"

| | コメント (5)

2010年7月 9日 (金)

216,217 備忘録 「小林信彦の東京三部作」

小林信彦「東京三部作」

Dvc00001

216 『ドリーム・ハウス』 初版1992年

195 『怪物がめざめる夜』 初版1993年

217 『イーストサイド・ワルツ』 初版1994年

続きを読む "216,217 備忘録 「小林信彦の東京三部作」"

| | コメント (0)

2010年7月 7日 (水)

215『走ることについて語るときに僕の語ること』 村上春樹 初版2007年

村上春樹が、
はじめて
自分自身について
真正面から綴った
9章+2

Dvc00003_2

foot概要

1982年秋、専業作家としての生活を開始したとき、彼は心を決めて路上を走り始めた。それ以来25年にわたって世界各地で、フル・マラソンや、100キ ロ・マラソンや、トライアスロン・レースを休むことなく走り続けてきた。旅行バッグの中にはいつもランニング・シューズがあった。走ることは彼自身の生き 方をどのように変え、彼の書く小説をどのように変えてきたのだろう?日々路上に流された汗は、何をもたらしてくれたのか?村上春樹が書き下ろす、走る小説家としての、そして小説を書くランナーとしての、必読のメモワール。    

foot読むきっかけ&目的&感想

ジョギング本を探していて見つけた。本書を見つけるまで、村上春樹がフルマラソンを走るようなランナーだとは知らなかった。選手ではない一般ランナーがどういう風に走っているのか興味があったので読んでみた。

さくら好み ★★★★★

続きを読む "215『走ることについて語るときに僕の語ること』 村上春樹 初版2007年"

| | コメント (0)

2010年7月 1日 (木)

212-214 備忘録 「初心者向けのジョギング」

Dvc00001

212『ゼロからのマラソン』 シティランナー編 (2001)

213『速く、長く、美しく走るための体幹スイッチランニング 新版』 青山剛 (2009)

214『知識ゼロからのジョギング&マラソン入門』 小出義雄 (2002)

続きを読む "212-214 備忘録 「初心者向けのジョギング」"

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »