« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の9件の記事

2010年6月30日 (水)

211『なぜビッグバンは起こったか ~インフレーション理論が解明した宇宙の起源』 アラン・H・グース 初版1999年

Dvc00002

インフレーション理論の名付け親であり、インフレーション宇宙論の中心人物であるアラン・グースの『なぜビッグバンは起こったか』を読んでみた。自身の経 験に沿って説明がしてあり、理論以外の部分も面白かった。

続きを読む "211『なぜビッグバンは起こったか ~インフレーション理論が解明した宇宙の起源』 アラン・H・グース 初版1999年"

| | コメント (0)

2010年6月29日 (火)

210『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』 西寺郷太 初版2009

「キング・オブ・ポップ、ロック&ソウル」shine

Dvc00001

crown読むきっかけ&目的&感想

著者の西寺郷太さんが出演しているTBSラジオ・キラ☆キラで知った本。マイケル・ジャクソンが亡くなった2009年6月25日から一年、何となく読んでみる気になった。

さくら好み ★★★★

続きを読む "210『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』 西寺郷太 初版2009"

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

209『ニュートリノ 天体物理学入門 ~知られざる宇宙の姿を透視する』 小柴昌俊 初版2002年

イタリアの物理学者エンリコ・フェルミは
この見えない粒子を「ニュートリノ」と呼んだ

これはイタリア語の語根から組み立てた言葉で
「小さな中性のもの」を意味する

Dvc00001

cd概要

あらゆる物質を通り抜けてしまう不思議な粒子ニュートリノを観測することによって、いままで見えなかった宇宙の奥の奥まで見ることができるようになった。宇宙誕生の1秒後の姿からミッシングマスの正体まで、知られざる宇宙の実像が浮き彫りにされる。

cd読むきっかけ&目的&感想

科学ジャーナリストであるサイモン・シンの『ビッグバン宇宙論の 後に宇宙物理学者・佐藤勝彦の本を数冊読んで、もう少し詳しく知りたいなと思う事がいくつかあった。それは、車椅子の理論物理学者ホーキングの虚時間の宇宙論、ノーベ ル物理学賞受賞者である小柴昌俊のニュートリノとカミオカンデ、インフレーションの名付け親である宇宙物理学者アラン・グースの宇宙論、などだ。それで一 般読者向けの本を探して読んでみることにした。ホーキングのを読んだので、次に小柴昌俊のを。

さくら好み ★★★★

続きを読む "209『ニュートリノ 天体物理学入門 ~知られざる宇宙の姿を透視する』 小柴昌俊 初版2002年"

| | コメント (0)

2010年6月23日 (水)

207,208 備忘録 「理論物理学者・ホーキングの宇宙」

宇宙創始以前は、時空が無い虚数の時間???

Dvc00002

207 『ホーキング 虚時間の宇宙 ~宇宙の特異点をめぐって』 竹内 薫 (2005)

208 『ホーキング、宇宙のすべてを語る』 スティーヴン・ホーキング, レナード・ムロディナウ, 佐藤勝彦・訳 (2005) (原題 A Briefer History of Time (2005))

clock読むきっかけ&目的&感想

科学ジャーナリストであるサイモン・シンの『ビッグバン宇宙論の後に宇宙物理学者・佐藤勝彦の本を数冊読んで、もう少し詳しく知りたいなと思う事がいくつかあった。それは、車椅子の理論物理学者ホーキングの虚時間の宇宙論、ノーベル物理学賞受賞者である小柴昌俊のニュートリノとカミオカンデ、インフレーションの名付け親である宇宙物理学者アラン・グースの宇宙論、などだ。それで一般読者向けの本を探して読んでみることにした。で、まずはホーキングから。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "207,208 備忘録 「理論物理学者・ホーキングの宇宙」"

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

201-206 備忘録 「宇宙物理学者・佐藤勝彦」

「四方上下これを宇といい、往古来近これを宙という」

宇宙 は 時空・・・

Dvc00005

佐藤勝彦(口述、共著、対談、監修)の本6冊

201 『宇宙はわれわれの宇宙だけではなかった ―マザー・ユニバースとチャイルド・ユニバースの謎』 (1991)

202 『ビッグバン理論からインフレーション宇宙へ ―宇宙は急激に膨張したあと、ビッグバン宇宙になった!』 (1991)

203 『気の遠くなる宇宙論 (COMIC ESSAY)』 (1994)

204 『「量子論」を楽しむ本 ―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる!』 (2000)

205 『宇宙「96%の謎」―最新宇宙学が描く宇宙の本当の姿』 (2003)

206 『眠れなくなる宇宙のはなし』 (2008)

night読むきっかけ&目的&感想

サイエンスジャーナリストのサイモン・シンの著書『ビッグバン宇宙論  (2006)』のエピローグに、今はまだビッグバン・モデルの一部にはなっていないがいずれその一部に組み込まれるだろうという事でインフレーション理論のさわりが紹介されていた。それで興味を持ち、もう少しだけその概要を知りたいと思って、提唱者である宇宙物理学者・佐藤勝彦さんの本を読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "201-206 備忘録 「宇宙物理学者・佐藤勝彦」"

| | コメント (0)

2010年6月17日 (木)

200『毒舌の会話術 引きつける・説得する・ウケる』 梶原しげる 初版2009年

毒舌の会話術は高度な会話テクニック

Dvc00001

tv概要

カリスマや仕事のデキる人は、実は「毒舌家」であることが多い。毒舌とは、悪口や皮肉のように、人を攻撃するためのものではない。相手との距離を一気に縮める、高度な会話テクニックなのである。秀逸な観察眼でズバッと本音を語り、相手を怒らせる寸前で、巧みにフォローを織り交ぜ、笑いと共感を誘う。その 「落差」に人は引きつけられるのだ。差しさわりのない表面的な会話だけでは、濃い人間関係は築けない。相手を自分に引きつける究極のコミュニケーション法。

tv読むきっかけ&目的&感想

本書に安住紳一郎アナが取り上げられている事を知り、アマゾンでレビュー・チェックしたら評判もすごく良かったので読んでみた。

さくら好み ★★☆☆☆
   

続きを読む "200『毒舌の会話術 引きつける・説得する・ウケる』 梶原しげる 初版2009年"

| | コメント (0)

2010年6月 9日 (水)

199『coupe-feti ビビアンのこだわりパンレシピ ~バゲット、カンパーニュ、クロワッサン、山食~』 山下玉緒 初版2010年

 個人ブログの書籍化bread

Dvc00001

bread概要

“格好いいパン”にこだわる超人気ブログ「coupe‐feti」から家パン職人ビビアンさんの“粉だらけの日々”と全て書き下ろしの33レシピを待望の 書籍化。    

bread読むきっかけ&目的&感想

アップされている写真が好きでチェックしているブログのひとつ『coupe-feti』が書籍化されているので、写真目当てで借りてみた。

さくら好み ★★☆☆

続きを読む "199『coupe-feti ビビアンのこだわりパンレシピ ~バゲット、カンパーニュ、クロワッサン、山食~』 山下玉緒 初版2010年"

| | コメント (0)

2010年6月 6日 (日)

198B『ビッグバン宇宙論 下』 サイモン・シン 初版2006年

宇宙創造と進化の歴史は
     具体的な証拠によって裏づけられている

Dvc00001

impact原題

Big Bang: The Origin Of The Universe. (2005)

impact概要

決闘で鼻を失った天文学者。聖書を精密に分析し、宇宙の年齢をはじき出した大司教。カヤックで海を渡って亡命しようとした物理学者に、世界トップク ラスの 天体画像分析チームを率いたメイド、重度の難聴ながら歴史に残る発見を成し遂げた女性ボランティア…。創世神話からプトレマイオス、コペルニクスにケプ ラー、ガリレオらを経て、ついにはアインシュタインの先へ―。宇宙はどうやって生まれたのか? 人類最大の謎に迫る有名無名の天才たちの苦闘を描く傑作科学ノンフィクション。

impact読むきっかけ& 目的&感想

同著者の『フェ ルマーの最終定理』『代替医療のトリック』が面白かったので読んでみた。

さくら好み ★★★★★

続きを読む "198B『ビッグバン宇宙論 下』 サイモン・シン 初版2006年"

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

198A『ビッグバン宇宙論 上』 サイモン・シン 初版2006年

物語のような文章と科学的な説明文をともに含む本

Dvc00002

impact原題

Big Bang: The Origin Of The Universe. (2005)

impact概要

決闘で鼻を失った天文学者。聖書を精密に分析し、宇宙の年齢をはじき出した大司教。カヤックで海を渡って亡命しようとした物理学者に、世界トップクラスの 天体画像分析チームを率いたメイド、重度の難聴ながら歴史に残る発見を成し遂げた女性ボランティア…。創世神話からプトレマイオス、コペルニクスにケプ ラー、ガリレオらを経て、ついにはアインシュタインの先へ―。宇宙はどうやって生まれたのか? 人類最大の謎に迫る有名無名の天才たちの苦闘を描く傑作科学ノンフィクション。

impact読むきっかけ&目的&感想

同著者の『フェ ルマーの最終定理』『代替医療のトリック』が面白かったので読んでみた。

さくら好み ★★★★★

続きを読む "198A『ビッグバン宇宙論 上』 サイモン・シン 初版2006年"

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »