« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の8件の記事

2010年5月29日 (土)

197『暗号解読 ロゼッタストーンから量子暗号まで』 サイモンン・シン 初版2001年

ついにヒエログリフの謎が解かれると
考古学者たちは古代エジプトの歴史・文化・信仰に関する
一次資料を読めるようになった

ヒエログリフの解読は
われわれとファラオの文明のあいだに横たわる
何千年という時の流れに橋をかけたのである

Dvc00001

pc原題

The Code Book: The Science of Secrecy from Ancient Egypt to Quantum Cryptography.(2000)

pc概要

暗号は古代から重要な情報を安全に伝達する手段であったが、絶えず解読の危険性をはらんでいた。本書は、暗号とその解読にまつわる歴史上のドラマをひも解 きながら、暗号の重要性と進化の歴史について語っている。

英国女王エリザベス1世暗殺に関する暗号文書が破られ、処刑されたメアリー・ス チュワートの事件をはじめ、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『仮面の男』(原作はデュマの『鉄仮面』)にも出てくるフランスの鉄仮面に関する文書、埋 蔵金のありかが示されているという謎の「ビール暗号」、第1次世界大戦、第2次世界大戦の様相を変えた暗号解読者たちのテクニックなど、読者の知的好奇心 をくすぐるトピックが数多く登場する。暗号が我々の歴史にいかに大きな影響を与え続けてきたのかがよくわかる。

転置式暗号、換字式暗号といった単純な暗号化の方法から、複雑なヴィジュネル暗号、エニグマ暗号、単純だが決して破られることのなかったナヴァホ暗号のほか、ヒエログリフ、 線文字Bなど、数多くの難解な古代文字や表記が、暗号解読者たちの血のにじむ解析努力と併せて詳述されている。

pc読むきっかけ&目的&感想

同著者の『フェルマーの最終定理』『代替トリック』が面白かったので読んでみた。

さくら好み ★★☆☆☆

続きを読む "197『暗号解読 ロゼッタストーンから量子暗号まで』 サイモンン・シン 初版2001年"

| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

196『1Q84 -BOOK3』 村上春樹 初版2010年

1牛河 2青豆 3天吾 4牛河 5青豆 6天吾 7牛河 8青豆 9天吾
10牛河 11青豆 12天吾
 13牛河 14青豆 15天吾 16牛河 17青豆 18天吾
19牛河 20青豆 21天吾 22牛河 23青豆 24天吾
25牛河 26青豆 27天吾 28牛河 29青豆 30天吾  31天吾と青豆

Dvc00004

moon1概要

1949年にジョージ・オーウェルは、近未来小説としての『1984』を刊行した。そして2009年、『1Q84』は逆の方向から 1984年を描いた近過去小説である。そこに描かれているのは「こうであったかもしれない」世界なのだ。私たちが生きている現在が、「そうではなかったかもしれない」世界であるのと、ちょうど同じように。

moon1読むきっかけ&目的&感想

村上春樹の本、というと10代の学生が好むという勝手なイメージを持っていた。私自身も高校生のころに数冊読んだけど、なんだか好きになれなかった。そのまま村上春樹の本を手にすることはなかったけど、「1Q84 BOOK1」「1Q84 BOOK2」が凄く話題になったので、あまり期待しないで読んでみた。これが思った以上には面白かったので、「BOOK3」も読んでみた。

さくら好み ★★★★★

続きを読む "196『1Q84 -BOOK3』 村上春樹 初版2010年"

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

195『怪物がめざめる夜』 小林信彦 初版1993年

「現実」とその現実が生み出す無数の「仮想現実」の狭間で
「仮想現実」に自家中毒してゆく大衆の前に――

Dvc00002

slate概要

「ミスターJ」は、放送作家の私が仲間と創りあげた架空のコラムニスト。この正体不明の男が評判を呼んだとき、私は実在の男にその役割を振りあてた。彼が これほどの「怪物」に育つとは思いもよらずに。深夜放送で若者の苛立ちや鬱屈を代弁してカルト的人気をえた彼は、毒舌で大衆を扇動しつつ、攻撃の矛先を意外な方向にむけ始める。情報化社会にひそむ恐怖を描く現代の都市伝説。    

slate読むきっかけ&目的&感想

TBSラジオ「キラ☆キラ」のパーソナリティー小島慶子さんのツイートで知った本。そのツイートでTBSラジオ「Dig(2010/5/21)」で本書が取り上げられたことを知り、ポッドキャストも聞いてみた。宮部みゆきの帯紹介とアマゾンの概要も面白そうだったので、図書館で借りて読んでみた。

さくらスイッチ ★★★★☆

続きを読む "195『怪物がめざめる夜』 小林信彦 初版1993年"

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

194『椅子と日本人のからだ』 矢田部英正 初版2004年

なぜ日本では椅子が発達しなかったのか?

Dvc00001_2

chair概要

床坐の文化をバックグラウンドに持つ日本人にとって、自然な立居振舞い、姿勢とはどのようなものか? 長時間坐っても疲れない心地よい椅子の坐り方とは? 日本人の身体技法の研究や民俗史的分析をふまえ、腰痛や肩こりなどの生活習慣病に悩まされがちな現代人に、椅子と快適につきあうための秘訣を伝える、生活文化誌エッセイ。

chair読むきっかけ&目的&感想

Crop517youngdesigners1 インテリアの参考になるからだけでなく見ているだけで単純に楽しいので、Apartment Therapyというサイトを私は毎日チェックしている。そして、気に入ったインテリアの画像を保存して、時々それらを眺めては楽しんでいる。

この海外サイトApartment Therapyで特に楽しいのが椅子のスタイルと配置だ。人の写っていない画像ばかりだけど、椅子の存在はそこで過ごす時間のあり方――空気、自然光、風、照明、会話、読書、音楽、食事、勉強、パソコンワークなど――を垣間見せてくれる。

何となく図書館で本棚を眺めていたら、『椅子と日本人のからだ』という本書が目につき、ぱらぱらページを繰ってみると面白そうな本だったので読んでみることにした。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "194『椅子と日本人のからだ』 矢田部英正 初版2004年"

| | コメント (0)

2010年5月22日 (土)

193『代替医療のトリック』 サイモン・シン&エツァート・エルンスト 初版2010

「代替医療」の最新の科学的評価・・・

Dvc00001

good原題

Trick or Treatment?: Alternative Medicine on Trial (2008)

good概要

ホメオパシー、鍼、カイロプラクティック、ハーブ療法のほか、アロマセラピー、イヤーキャンドル、オステオパシー、結腸洗浄、指圧、スピリチュアル・ヒー リング、デトックス、伝統中国医学、ヒル療法、マグネットセラピー、マッサージ療法、瞑想、リフレクソロジー等々等々…。最新の科学的評価とは? その衝撃的な内容とは?

good読むきっかけ&目的&感想

アマゾンのノンフィクション部門で上位にランキングしていたので知り読んだ『フェルマーの最終定理』でサイモン・シンという名前を知った。それで、何で知ったのかは忘れてしまったけど、そのサイモン・シンの『代替医療のトリック』の評判も上々だということを知り、読んでみる気になった。図書館に予約して3ヶ月くらい待って借りる事ができた。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "193『代替医療のトリック』 サイモン・シン&エツァート・エルンスト 初版2010"

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

191,192 備忘録 「庭の手入れ」

191『よくわかる栽培12か月 ボタン、シャクヤク』 初版2004年

初心者向けの園芸書

Dvc00001_2

cute概要

ともに東洋が生んだ代表的な名花で、庭植えでも鉢植えでも楽しむことができるボタンとシャクヤク。失敗しない植え方、花が終わった後の手入れ、剪定など毎 年よい花を咲かせるための栽培のコツを紹介する。    

cute読むきっかけ&目的&感想

シャクヤクの栽培方法を知りたくて借りた。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "191,192 備忘録 「庭の手入れ」"

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

187-190 小人の冒険シリーズ2~5 メアリーノートン

身長は15センチほど
生活に必要なものはすべて
人間から借りて暮らしている小人たち
clip

Dvc00002

187『野に出た小人たち ―小人の冒険シリーズ2』 初版1961年

原題 The Borrowers Afield (1955)

概要 床下にひっそりと住んでいた小人の一家は、人間に見つかり、野原へ脱出します。はじめての野原で、小人の少女アリエッティは野イチゴつみを楽しみ、野育ちの小人スピラーと友だちになります。けれども、戸外の生活は危険がいっぱいです。

188『川をくだる小人たち小人の冒険シリーズ3』 初版1969年

原題 The Borrowers Afloat (1959)

概要 森番の小屋でいとこの家族と再会した小人の一家でしたが、ここも安住の地ではなく、一家はやかんに乗って川を下ります。しかし、新しい旅には大きな危険が待ち構えていました。

189『空をとぶ小人たち 小人の冒険シリーズ4』 初版1969年

原題 The Borrowers Aloft (1961)

概要 模型の村「リトル・フォーダム」にたどりついた小人の一家は、平和な生活もつかのま、見物客めあてのプラターさんに誘拐されてしまう。閉じ込められた屋根裏部屋から、気球をつくって何とか脱出しようと試みるが・・・

190『小人たちの新しい家小人の冒険シリーズ5』 初版1983年

原題 The Borrowers Avenged (1982)

劇的な脱出をはたした小人の一家は、ふたたび川をくだり、ようやく静かな古い牧師館にたどりつきます。はたして、そこは一家にとって安心してくらせるすみかとなるのでしょうか。 「小人の冒険シリーズ」最終巻。

clip読むきっかけ&目的&感想

スタジオジブリの今夏公開映画『借り暮らしのアリエッティ』の原作シリーズ本だという事で知り、シリーズ1の『床下の小人たち』を読んでみたら面白かったので、続きを借りて読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "187-190 小人の冒険シリーズ2~5 メアリーノートン"

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

186『コケの手帳』 初版2002年

花の咲く植物と違って 人目につかない植物「コケ」

でも実はとっても身近に存在している・・・

Dvc00001

sun概要

根がなくても小さくても立派な植物。完全に枯れたと思ってもどっこい生きている。小さいのに数千年生き続ける生命力の不思議。他にもいろいろある小さなコ ケのパワーと謎に包まれた生き様を、多様な資料や写真でダイナミックに紹介する。

sun読むきっかけ&目的&感想

何年か前に京都の西芳寺に拝観申込みをして苔庭を見に行ったことがある。その時、緑の絨毯に落ちる木漏れ日の美しさに息を呑んだ。そして数ヶ月前、たまたま盆栽作りの苔岩(?)を見て、小さいながらに世界を構成していてとても美しいと思った。それで自分もちょっと育ててみたくなり、苔の生態と育て方を知りたくなり、とりあえず本書を借りてみた。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "186『コケの手帳』 初版2002年"

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »