« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の10件の記事

2010年4月29日 (木)

185『暦の歴史』 ジャクリーヌ・ド・ブルゴワン 初版2001年

計測時間のなかで暮らすようになるまで。

時のなかに現在の自分を位置づけるようになるまで。

Dvc00001

watch原題

Le Calendrier, maître du temps ? (2000)

watch概要

最も古い太陽暦である古代エジプトとマヤの暦は、どのような理由から生まれたのか。古代ローマの最高権力者カエサルは、なぜ、暦の改革を重要な政治上のテーマとしたのか。フランス革命時に使われた「革命暦」は、なぜ挫折したのか。われわれが使うグレゴリオ暦の1月1日が、実はキリストの割礼記念日だというのは本当なのか。暦をめぐる意外なエピソードが満載。人類が叡智を結集してつくりあげた「時のものさし」の五千年史。

本書は、「なぜ暦(計時)は完全な十進法で合理化されていないのか」「1年はなぜ冬の最中に始まり、12ヶ月なのか」、など、暦に関する素朴な疑問に、わかりやすく答えたものである。そして後半の資料篇では、前近代の民衆の暮らしに密着した経験的な暦の魅力の数々、グレゴリオ暦に反撥して1792年に始まり徹底的に十進法を採用したにもかかわらず失敗した「フランス共和暦」、さらにはジャリの「パタフィジック万年暦」といった現代の奇矯な創作暦の試みまで、暦をめぐる楽しい逸話を紹介している。

watch読むきっかけ&目的&感想

カレンダーや時計などで視覚的に捉えることができ、日常に当たり前のように存在している日付や時間。ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス(1865)』、サルバドール・ダリの『柔らかい時計(1931)』、ミヒャエル・エンデの『モモ(1973)』、萩尾望都の『銀の三角(1982)』、ほぼ日刊イトイ新聞の『ほぼ日手帳(2002-)』、ダーレン・アロノフスキーの『ファウンテン 永遠につづく愛(2007)』などに接し、「それ」がどのように捉えられてきたかに興味が湧いたので、ざっと流れが掴めそうな本書を借りてみた。

さくらスイッチ ★★★☆☆

続きを読む "185『暦の歴史』 ジャクリーヌ・ド・ブルゴワン 初版2001年"

| | コメント (0)

2010年4月23日 (金)

181~184 備忘録 「不思議の国のアリス」

181 『不思議の国アリス・オリジナル』 初版1987年
182 『新注 不思議の国のアリス』 高山宏・訳 初版1994年
183 『不思議の国のアリスの誕生』 笠井勝子・監修/高橋宏・訳 初版1998年
184 『不思議の国の論理学』 初版1977年

ルイス・キャロル
駄洒落 
パロディと風刺 ゲームとなぞなぞ ナンセンス
フロイト的要素 夢と悪夢   幻覚体験との類似性
リデル家やオックスフォード大学の学僚に関わる
内輪のジョーク
Photo

drama読むきっかけ&目的&感想

Dvc00012 TBSテレビ「ウルルン滞在記(2007.06.24放送)」で、ニューヨークに住む飛び出す絵本の作家として有名な“ロバート・サブダ”を知った。その放送で興味を持ったので、『ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展(2007.09)』を観に行き、展覧会用の『不思議の国のアリス-しかけ絵本』(→画像)を購入した。それを眺めながら、「アリス、読み直してみようかなぁ」と思った。

思っただけでそのまま時が過ぎ、忘れてしまった頃に『不思議の国のアリス展(2009.07)』(↓画像)があり、何となく観に行った。それで又、「アリス、読み直してみようかなぁ・・・」と思った。
090731

思っただけで又そのまま時が過ぎ、そして先週末、映画『アリス・イン・ワンダーランド(2010)』(↓画像)を観てきた。そのナンセンスな映画を観て、「アリス、読み直してみようかなぁ・・・」と思い、今度こそはとアリス本を何冊か借りてきた。
Poster_rabbitPoster_cat

さくら好み ★★★★★

続きを読む "181~184 備忘録 「不思議の国のアリス」"

| | コメント (2)

2010年4月22日 (木)

180『平安の美裳 かさねの色目』 長崎盛輝 初版1988年

平安時代のレイヤードスタイルが発するメッセージ cherryblossom sun maple snow

Dvc00001

art概要

「かさねの色目」はもと、一枚の袷仕立の衣(袿)の表裏の裂を会わせた色をいったが、後にはその衣を幾領も着装して表される衣色の配合色も「かさね色目」と呼ぶようになった。本書はその両者の色彩配合をとり上げたものである。

art読むきっかけ&目的&感想

着る服を決めるために重ねる色柄を考えている時、たまに「平安時代の衣もレイヤードスタイルだな。同じ様に迷ったり、TPOを考えたりしていたのかな」と思う事がある。それで、平安時代の人がどうやって重ねる色を決めていたのか、当時の基本的な配色がどんなだったかを知りたくなった。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "180『平安の美裳 かさねの色目』 長崎盛輝 初版1988年"

| | コメント (2)

2010年4月20日 (火)

179『色の秘密―最新色彩学入門』 野村順一 初版1990年

色は無言で仕事する
色の文化人類学
流行色に無関心でいられない企業

Dvc00001

art概要

ピンクで人は若返り、黒い服はしわを増やす。相性・適職が好みの色で分かり、トスレス解消にも色が役立つ。色彩心理を解き明かす。

art読むきっかけ&目的&感想

服のコーディネイトを考える時、私は色決めから入る。気分で色を決めたり、色に気分を合わせたり(笑)。そんな時、私は無意識に色の発するメッセージを読み取っている事になる。そのメッセージについて書いてある本を読んでみたくなり、分かりやすく書いてありそうな本書を選んで借りてみた。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "179『色の秘密―最新色彩学入門』 野村順一 初版1990年"

| | コメント (0)

2010年4月14日 (水)

175~178 備忘録 「金賢姫」

175『金賢姫 全告白 - いま、女として』 初版1991年
176『愛を感じるとき』 初版1992年
177『忘れられない女 - 李恩恵先生との二十ヶ月』 初版1995年

178『韓国パッチワーク - ポシャギ』 初版1999年

リンゴは 表面だけ赤い
スイカは 中身だけ赤い
トマトは 表面も中身も赤い

金賢姫は 「リンゴ」だから・・・

Dvc00001_4

apple読むきっかけ&目的&感想

【金賢姫元死刑囚:5月に招へいか 拉致家族会に情報】という記事を読み、ネット上にある金賢姫についての情報を拾い読みしていて、彼女の著書が日本語訳されていることを知った。日本でもかなり売れたらしいけど私は今まで知らなかった。「韓国で生活する北朝鮮の元工作員の告白」に興味があったので読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "175~178 備忘録 「金賢姫」"

| | コメント (0)

2010年4月 9日 (金)

174『野草手紙 独房の小さな窓から』 フォン・デグォン 初版2004年

草の香りあふれる生命の告白書

Dvc00001

clover概要

アメリカ留学中の1985年、見に覚えのないスパイ容疑で国家安全企画部(現韓国国家情報院)に逮捕され、無期懲役の宣告を受け、投獄から5年、ファン・ デグォンは心身ともに疲弊し、もはや生きる意味を見失っていた。そんなときふと目にとまったのが、刑務所の片隅にうごめく虫や人知れず咲く野草の生命の営みだった。自分のからだ以外に見るべきものもない独房のなかで、自らの命の延長をそこに見いだしたのだった。本書は、釈放されるまでのあいだ獄中から妹に 宛てて送られた書簡集である。素朴な水彩画を描く著者の穏やかなまなざしの奥には、絶望の果てに生命の限りない力を見いだした者の喜びがあふれている。 (原作 初版2002年)

clover読むきっかけ&目的&感想

植物関係の本を探していて偶然見つけた本。スパイ容疑で刑務所に投獄されている人の視線で見る植物の姿に興味を持ったのと同時に、韓国に生えている「みちくさ」の種類にも興味を持った。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "174『野草手紙 独房の小さな窓から』 フォン・デグォン 初版2004年"

| | コメント (0)

2010年4月 6日 (火)

173 『ほんとの植物観察〈2〉庭で、ベランダで、食卓で』 室井綽 清水美重子 初版2003年

バナナの食用部は「皮」!?

Dvc00002

bud概要

植物観察というと、野山に出かけてするものと思っていませんか? いえいえ、公園の花壇や街路樹で、庭やベランダの草木はもちろん、食卓にのぼる野菜や果物 でも、植物観察ができるのです。チューリップやスイセン、貝割れダイコンやミカンを、あなたは本当に知っていますか? 「うそっ!」と「ほんと?」を見分け ながら、植物の見方の本質を教えます。

95年刊の新装改訂。

bud読むきっかけ&目的&感想

なるべく身近な植物に関して書いてありそうな本を適当に選んで借りてみた。

さくら好み ★★★★★  

続きを読む "173 『ほんとの植物観察〈2〉庭で、ベランダで、食卓で』 室井綽 清水美重子 初版2003年"

| | コメント (0)

2010年4月 5日 (月)

173『ほんとの植物観察〈1〉ヒマワリは日に回らない』 室井綽 清水美重子 初版2003年

アサガオの蔓は 北半球では左巻き! 南半球では右巻き!?

Dvc00001

bud概要

アサガオやアジサイ、サクラ、ツバキに、フジ、タンポポなどなど…。この本で取り上げたのは、だれでも一度は目にしたことがある身近な植物ばかりです。で も、アサガオを、アジサイを、あなたは本当に知っていますか? 「うそっ!」と「ほんと?」を見分けながら、植物の見本の本質を教えます。

83年刊の新装改訂。

bud読むきっかけ&目的&感想

以前は書店やアマゾンなどで本を購入していたけど、2007年末に仕舞い切れなくなった本の山を眺めて私は溜め息をつき、2008年初旬から図書館 で本を借りることに切り替えた。手元に本が残らないので、備忘録として本ブログをつけることにした。

それ以来、たまに延長して四週間借りている時もあるけど、大抵は二週間ごとに図書館に通うようになった。わたしが通う図書館は大きな公園の端にある ので、図書館に行った時は公園の中を散歩するようになり、四季折々の植物を一年通して目にするようになった。

公園の良い所は、植物に名札がついて簡単な説明が書いてあることだ。田舎の山の中だったらこうはいかない。そして次第に名札のついていない植物にも目を向けるようになり、気になる草花を図書館でちょこちょこ調べるようになった。

そんな気分の延長で、本書を借りて読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "173『ほんとの植物観察〈1〉ヒマワリは日に回らない』 室井綽 清水美重子 初版2003年"

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

172『葉っぱの不思議な力』 鷲谷いづみ 埴沙萠 初版2005年

不思議な力をもつ葉っぱ clover

Dvc00002

clover概要

わずかな光を受け止めたかと思うと、強すぎる光はよける。虫に食べられたかと思えば、やりかえす。水が足りなければやりくりし、あまれば捨てる。強くして しなやか、ときにしたたか。不思議な力をもつ葉っぱが今日も緑の地球を支えています! 葉っぱのふしぎがわかる本。

clover読むきっかけ&目的&感想

老舗WEBサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』の「みちくさの名前。」を読んで、それまで目を向けることなんて殆どなかった「みちくさ」に、 ちょっとだけ興味を持つようになった。それで、身近に生えている植物の事をもうちょっとだけ知りたいなあ、なんて思うようになった。そんなで、適当に選んで借りて読んでみた。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "172『葉っぱの不思議な力』 鷲谷いづみ 埴沙萠 初版2005年"

| | コメント (0)

2010年4月 3日 (土)

171『花はふしぎ』 岩科司 初版2008年

身近な花の不思議 tulip

Dvc00003

tulip概要

地球上には約25万種が存在し、驚くべき多様性を持っている「花」。色の発現や開花のしくみ、環境への適応戦略など、知られざる花のふしぎと魅力に迫ります。

tulip読むきっかけ&目的&感想

立春も過ぎ、これからだんだんと日が長くなっていく。寒暖を繰り返しながら、桜も満開になった。この時期になると、ベランダにある空き鉢に今年も何かを植えたくなってくる。そして、本も植物関連のモノを読みたくなる。で、適当に選んで借りてみた。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "171『花はふしぎ』 岩科司 初版2008年"

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »