« 174『野草手紙 独房の小さな窓から』 フォン・デグォン 初版2004年 | トップページ | 179『色の秘密―最新色彩学入門』 野村順一 初版1990年 »

2010年4月14日 (水)

175~178 備忘録 「金賢姫」

175『金賢姫 全告白 - いま、女として』 初版1991年
176『愛を感じるとき』 初版1992年
177『忘れられない女 - 李恩恵先生との二十ヶ月』 初版1995年

178『韓国パッチワーク - ポシャギ』 初版1999年

リンゴは 表面だけ赤い
スイカは 中身だけ赤い
トマトは 表面も中身も赤い

金賢姫は 「リンゴ」だから・・・

Dvc00001_4

apple読むきっかけ&目的&感想

【金賢姫元死刑囚:5月に招へいか 拉致家族会に情報】という記事を読み、ネット上にある金賢姫についての情報を拾い読みしていて、彼女の著書が日本語訳されていることを知った。日本でもかなり売れたらしいけど私は今まで知らなかった。「韓国で生活する北朝鮮の元工作員の告白」に興味があったので読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

金賢姫の著作を選んで図書館で借りてみたけど、借りてから気が付いた。『韓国パッチワーク』は、同じ金賢姫でも別人が書いたものだと。coldsweats01

apple覚書

『金賢姫 全告白 いま、女として』日本語版のために

 正直にいって、この本が日本で紹介されることには、ためらいがありました。それは、民族分断によって生じた私たちの痛みを日本人に知られたくなかったからです。さらに、KAL858便爆破事件を日本人のせいにするために、李恩恵先生(本名・田口八重子)の手助けで日本人化教育を受けた事実からです。このことについては、日本の皆様に済まないと思っています。

 しかし、テロ事件の真相と北朝鮮の現実を知って頂くのに少しでも役立つならばと、日本語版の出版を了解しました。

 私一人だけが北朝鮮の犠牲者ではなく、恩恵先生もまた同じ犠牲者なのです。全力をつくして私を指導してくれたのは、自分の胸の痛みを少しでも忘れようとしていたからでしょう。名も知れぬ道端のお墓にひざまずき、「泣くためにこうするの。分かってちょうだい」と肩をふるわせて泣いていた恩恵先生。

 私は自分の悲惨な運命を思うたびに、先生のことを思い出します。彼女がこれ以上苦しまずに、日本に帰れることを祈るばかりです。

          1991年8月15日   金賢姫

|

« 174『野草手紙 独房の小さな窓から』 フォン・デグォン 初版2004年 | トップページ | 179『色の秘密―最新色彩学入門』 野村順一 初版1990年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 174『野草手紙 独房の小さな窓から』 フォン・デグォン 初版2004年 | トップページ | 179『色の秘密―最新色彩学入門』 野村順一 初版1990年 »