« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の3件の記事

2010年3月30日 (火)

170『この世でいちばん大事な「カネ」の話』 西原理恵子 初版2008年

どん底で息をし、どん底で眠っていた。
   「カネ」がないって、つまりはそういうことだった。

自分で「カネ」を稼ぐということは、
   自由を手に入れるということだった。

ギャンブル、為替、そして借金。
   「カネ」を失うことで見えてくるもの。

自分探しの迷路は、
   「カネ」という視点を持てば、ぶっちぎれる。

外に出て行くこと。
   「カネ」の向こう側へ行こうとすること。

Dvc00002

dollar概要

西原理恵子が「カネ」を通して自らの生き様と理念を語る、初の自伝的エッセイ登場! 故郷での貧しさゆえの八方ふさがりの生活。東京に出てきて学校に通いながら、自分の絵を出版社に持ち込み次第に認められて行く。そしてギャンブル、アジアへの旅で出会った貧しい子ども達、大切な家族の事。「お 金」について考える事は、人間関係・仕事関係、つまり自分と世界との関わりにつながっていく。漫画で描かれた西原ワールドがより深く、よりリ アルに迫って来る1冊。

dollar読むきっかけ&目的&感想

以前『ぼくんち』を読んだ時に、コメントで教えてもらった本。括弧で区切られたカタカナ表記の「カネ」、それだけでもちょっと興味を引く。西原さんがお金をどう捉えているかに興味を持ったので読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "170『この世でいちばん大事な「カネ」の話』 西原理恵子 初版2008年"

| | コメント (2)

2010年3月27日 (土)

169『シンガポールを知るための62章 第2版』 田村慶子・編著 第2版第1刷2008年

イギリスによる植民地支配 日本による占領と軍政

多様なエスニックグループ : 中国系 マレー系 インド系 その他

多言語環境 公用語 : 英語 マレー語 北京語 タミル語

ワイヤード・アイランド=どこでもつながる島(インターネット)

アジアを代表する国際金融センター

Dvc00002

leo概要

日本と密接な関係を持つシンガポールの歴史や社会、人々の暮らし、経済、国際関係や政治について、より深い理解のための多様な視点を提供し、シンガポールの現在と将来を考える。

leo読むきっかけ&目的&感想

観光情報ではないシンガポールを知りたくなったので、シンガポール近代の姿をざっと知る事が出来そうな本書を読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "169『シンガポールを知るための62章 第2版』 田村慶子・編著 第2版第1刷2008年"

| | コメント (0)

2010年3月14日 (日)

168『On This Earth: Photographs from East Africa』 Nick Brandt 初版2005年

望遠レンズを使わずに近距離で撮った野生動物たち

モノクロに近いセピア色の静謐なポートフォリオ

Dvc00003

leo読むきっかけ&目的&感想

アマゾンで何かの写真集からの関連リンクを辿って見つけた本。表紙の画像に一目惚れしてしまい借りてみた。

さくら好み ★★★★★

続きを読む "168『On This Earth: Photographs from East Africa』 Nick Brandt 初版2005年"

| | コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »