« 165『モモ』 ミヒャエル・エンデ 初版1976年 | トップページ | 167『理系アタマのつくり方』 四ツ柳茂樹 初版2009年 »

2010年2月13日 (土)

166『社会心理学 キーワード』 山岸俊男(編) 初版2001年

100のキーワードを手がかりに
わかりやすく解説されている

Dvc00003_2

spade概要

社会心理学に関する理論や概念、研究内容を100のキーワードを手がかりに、見開き2ページでわかりやすく解説。概念の正確な把握、不確かな知識の整理と 検証に役立つ。社会心理学の全体像をつかむのに最適。    

spade読むきっかけ&目的&感想

YOMIURI ONLINE(読売新聞)の中に、「発言小町」という超有名サイト(掲示板)がある。利用者は女性が主で年齢層は幅広く、色々な立場の人がトピックスを立てていて興味深い。読んでいるだけでも、自分では思いも付かない様な価値観を垣間見ることが出来て、色々と勉強になる。個々の発言だけでなく、トピの流れ全体も、日を経る毎に変化したり変化しなかったりで、中々興味深い。

そんな「発言小町」に、何らかの法則のようなものがあるような気がして、社会心理学系の本を読んでみたくなった。つまりは、単なる好奇心、という事になる。(笑)

さくら好み ★★★★☆

文字にしてあるまとまったものを読むと、論理立てて状況を振り返る事が出来る。自分の考え方のクセや偏りと思っていたものを、ある程度客観的に見る事が出来たように思う。成る程なぁと思うことも少なくなく、色々と腑に落ちてスッキリした。「発言小町」に限らず、今までの自分の経験を顧みるきっかけにもなり、面白かった。

なかでもケリーの帰属理論が面白そうだったので、その関連本をいずれ読んでみたい。他にも、自己覚知や対人認知なども面白そうだったので、気が向いたらいずれ読んでみたい。

spade目次

1章 社会心理学の目的と方法

2章 社会心理学の重要研究

3章 社会心理学の隣人たち

4章 社会心理学のあゆみ

5章 冷めた心と熱い心:認知、感 情、動機づけ

6章 私の心と私の姿

7章 他人とのつきあい

8章 集団の中の人間

9章 関係としての社会

10章 社会と文化

11章 社会の中の 社会心理学

12章 社会心理学の道具箱

|

« 165『モモ』 ミヒャエル・エンデ 初版1976年 | トップページ | 167『理系アタマのつくり方』 四ツ柳茂樹 初版2009年 »

コメント

「発言小町」面白いね
2チャンネルと違って一旦編集部のチェックが
入ることが安心感を与えると思うけど
運営には相当な手間が掛っているのでは・・・

投稿: nono1 | 2010年2月14日 (日) 07時06分

nono1さんも読んだことあるのね、「発言小町」♪
この一年くらいたまに読んでいるけど、その存在を知った当初は結構はまってしまった。w

下記記事によると、20代男性校正員は女性の本音に耐え切れず・・・、とか。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2009/02/06/22356.html

投稿: さくらスイッチ | 2010年2月14日 (日) 07時35分

うわー
その男性社員かわいそー
絵のようにして読まないで
身を入れて読んでたんだねーcoldsweats01

投稿: | 2010年2月14日 (日) 08時29分

距離感を測れないなんて、
20代にしては、純粋で軟弱で幸せに生きてきた
ある意味おバカさんだったのでしょうね。

色んな意味で同情しちゃう反面、羨ましくもあり。w

投稿: さくらスイッチ | 2010年2月14日 (日) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 165『モモ』 ミヒャエル・エンデ 初版1976年 | トップページ | 167『理系アタマのつくり方』 四ツ柳茂樹 初版2009年 »