« 158『ころころろ』 畠中恵 初版2009年 | トップページ | 160『床下の小人たち』 メアリー・ノートン 初版1956年 »

2010年1月10日 (日)

159『シネマ食堂』 飯島奈美 初版2009年

同じ食卓を囲みながら 同じシーンに共感する
そんな楽しみ方 いかがでしょうか

Dvc00002

restaurant概要

映画『かもめ食堂』や『めがね』などで人気のフードスタイリスト、飯島奈美さんが映画に登場する料理とシーンを再現。観て楽しい、作って食べて楽しい1 冊。『かもめ食堂』のシナモンロールから『ゴッドファーザー』のトマトパスタなど名画のワンシーンがよみがえる料理の数々。

restaurant読むきっかけ&目的&感想

ほぼ日刊イトイ新聞 LIFE「飯島食堂へようこそ」で、飯島奈美さんが『かもめ食堂』のフードスタイリストだという事と、故・伊丹十三監督の映画のフードスタイリストである石森いづみさんのアシスタントとして『スーパーの女』等に関わっていた事を知って、昨年9月の発売前から気になっていた本。

さくら好み ★★★★★

Photo_2 知っている映画は思い出しながら、知らない映画は想像していたら、すっかりその料理の口になってしまい、すぐにでも食べたくなった。チリコンカンとかワカモーレといったわたしがよく作る大好物のレシピも載っていたので、この本のレシピでも作ってみたいと思った。他にもシンプルで美味しそうなフード満載だった。中でも、『きょうの猫村さん』のネコムライス、『タンポポ』の炒飯、『天然コケコッコー』のふだんの手巻きずしが個人的には最高に見えたので、実際に作ってその料理が登場する映画をレンタルして見ながら食べたい。

とは言え本書は、普通の料理本と違って実際に作らなくても、映画のワンシーンを想像して脳内で味わうだけでも満足できる一冊に仕上がっている。

Dvc00004

restaurant著者

飯島奈美(いいじま・なみ)、1969年、東京都生まれ、フードスタイリスト。

Iijima_nami_2 ◆飯島奈美さんのこと。

飯島奈美(いいじま・なみ)さんは
CM、映画などで活躍しているフードスタイリスト。
パスコ「超熟」、日清食品「チキンラーメン」の
CMなど、広告を中心に活動しながら、
2005年に荻上直子監督作『かもめ食堂』をきっかけに、
映画のフードスタイリングも手がけるようになりました。
2007年同監督作『めがね』にも参加、
そのごはんが、あまりにもおいしそうだったことから、
ほぼ日刊イトイ新聞で特集を組むことになり、
それが縁でこの「LIFE」が生まれました。

2007年には松岡錠司監督作
『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』
に参加、劇中に登場する料理をまとめた
『「料理制作」さんのレシピ帖』(講談社)を出版。
この2年は、雑誌の仕事もふえ、
雑誌AERA(朝日新聞出版)では、
古今東西の映画に登場する料理を再現する
「シネマ食堂」を連載、同名の書籍にまとめられました。
そのほかの著作には、
「ほぼ日手帳」の別冊としてつくった
『ほぼ日のレシピブック』(東京糸井重里事務所)、
『朝ごはんの献立 12のシーンとおいしいごはん』
(池田書店)などがあります。

22. 伊丹十三さんと飯島奈美さん。

「ほぼ日」では、
「LIFE」でおなじみの飯島奈美さん。
コマーシャルや映画で、それぞれの設定に合わせての、
料理とセッティングを担当する
「フードスタイリスト」が肩書きです。

飯島奈美さんの映画デビュー作は
荻上直子監督作品である『かもめ食堂』ですが、
それ以前に、じつは、
伊丹十三さんの映画にかかわっています。
伊丹さんの映画のフードスタイリストである
石森いづみさんのアシスタントとして、
『大病人』から、『静かな生活』『スーパーの女』
『マルタイの女』までの作品に参加しているんです。

ちなみに、石森いづみさんが、
伊丹さんの映画でスタイリングを手がけたのは
『タンポポ』から。
石森さんのコーディネート作品を見た伊丹さんが、
声をかけられたのだそうです。
じつはそれまでの映画づくりの世界では
「フードスタイリング」という概念はうすく、
料理や器は、小道具や装飾と呼ばれる分野の人が
まかなっていました。
しかし役者が口にする料理をつくったり、
使う器を選ぶのは、やはり専門的な目が必要。
ましてや『タンポポ』という、
料理がテーマとなる映画では必須だったのでしょう、
伊丹さんは、CMの世界で活躍していた石森さんを
映画の世界へと、みちびいたのでした。

ちなみにアシスタント時代の飯島さんは
伊丹さんの映画に「出演」もしているそうです。
「店員役で、ほんのちょっとだけエキストラ出演です」
ということなんですが、
飯島さん、照れてちゃんと教えてくれないので
見て探すしかないんですが、
まだ探し出せておりません。
発見したかた、ご一報くださいませ。
(「ほぼ日」シェフ)

restaurantおまけ

↓これは明日の朝食用にリンゴ&シナモンで作ったジャム。
本書のレシピには無いけどね・・・smile

Dvc00001_2

|

« 158『ころころろ』 畠中恵 初版2009年 | トップページ | 160『床下の小人たち』 メアリー・ノートン 初版1956年 »

★★★★★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 158『ころころろ』 畠中恵 初版2009年 | トップページ | 160『床下の小人たち』 メアリー・ノートン 初版1956年 »