« 152『変なお茶会』 佐々木マキ 初版1979年 | トップページ | 154,155『ユリイカ 二〇〇九年一月号 特集*米原万里』 『終生ヒトのオスは飼わず』 米原万里 初版2007年 »

2009年12月28日 (月)

153『お月さまってどんなあじ?』 ミヒャエル・グレイニェク 初版1995年

冷んやりして
ほのかに甘くて
サクサクして
ふんわり溶けてしまいそうな
お月さま 
fullmoon

001

moon3概要

お月さまってどんな味なんだろう。甘いのかな、しょっぱいのかな。ほんのひとくち食べてみたいね。ある日、小さなカメが決心しました。高いあの山にのぼって、お月さまをかじってみよう。

moon3読むきっかけ&目的&感想

何で知ったか忘れてしまったけど、いつか読んでみたいとチェックしていた絵本。

さくら好み ★★★★★

とにかく絵がいい。お月さまの味が口いっぱいに広がる気がした。 delicious

002

|

« 152『変なお茶会』 佐々木マキ 初版1979年 | トップページ | 154,155『ユリイカ 二〇〇九年一月号 特集*米原万里』 『終生ヒトのオスは飼わず』 米原万里 初版2007年 »

★★★★★」カテゴリの記事

コメント

moon1 moon2 moon3 fullmoon
チーズ味かな?!

投稿: nono1 | 2009年12月28日 (月) 21時54分

“それぞれが一番好きなものの味がした”happy01

投稿: さくらスイッチ | 2010年1月 2日 (土) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 152『変なお茶会』 佐々木マキ 初版1979年 | トップページ | 154,155『ユリイカ 二〇〇九年一月号 特集*米原万里』 『終生ヒトのオスは飼わず』 米原万里 初版2007年 »