« 151『空とぶカバとなぞのパリポリ男』 鈴木悦男・作 岡本颯子・絵 初版1980年 | トップページ | 153『お月さまってどんなあじ?』 ミヒャエル・グレイニェク 初版1995年 »

2009年12月27日 (日)

152『変なお茶会』 佐々木マキ 初版1979年

ありえない美味しさ ふふふっ heartcafe

Dvc00002

cafe概要

「本年もそろそろ美味しそうな季節が・・・」という招待状を受け取り、世界の色々なところに住む人たちがトランスバールに集まり、天然ココアを飲む。そして、また来年の約束をして別れる。ただそれだけなのに、ワクワクするお話。

cafe読むきっかけ&目的&感想

以前読んだ『やっぱりおおかみ』が良かったので、同じ作者の絵本を読んでみたくなった。

さくら好み ★★★★★

“月がのぼり 今年もその時が来た 岩山から 天然のココアがわく! そのココアの おいしかったこと また来年会いましょう と別れたのである (・・・・・ココアを飲んで おやすみなさい)”

わたしのところにも変なお茶会の招待状が届くといいなぁ、と本気で期待したくなってしまうお話だった。無性にココアが飲みたくなった。 shinemoon3 cafe shine

Tea

|

« 151『空とぶカバとなぞのパリポリ男』 鈴木悦男・作 岡本颯子・絵 初版1980年 | トップページ | 153『お月さまってどんなあじ?』 ミヒャエル・グレイニェク 初版1995年 »

コメント

あーっ
こんなのいい~♪
佐々木マキ
読んでみたいmailtocafe

投稿: | 2009年12月27日 (日) 09時13分

すごく美味しい絵本だったよ~

ticket  train rvcar bus ship airplane  cafe

投稿: さくらスイッチ | 2009年12月27日 (日) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 151『空とぶカバとなぞのパリポリ男』 鈴木悦男・作 岡本颯子・絵 初版1980年 | トップページ | 153『お月さまってどんなあじ?』 ミヒャエル・グレイニェク 初版1995年 »