« 105『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』 蓮池透 初版2009年 | トップページ | 108『1Q84 -BOOK1 -BOOK2』 村上春樹 初版2009年 »

2009年7月16日 (木)

106,107『宇宙の新常識100』 荒船良孝 初版2008年/『太陽からの光と風』 秋岡眞樹 初版2008年

壮大だ! sun

Dvc00009

sun概要

106『宇宙の新常識100』 

宇宙の姿からその進化、宇宙論、宇宙開発まで、あなたの常識をリフレッシュ!  サイエンス・アイ新書Webのオリジナル企画で、JSTサイエンスポータルにも提供している人気連載「宇宙の新常識」に加筆し、『宇宙の新常識100』と して刊行。地球から銀河系、太陽系、宇宙の姿、宇宙の起源、宇宙に関する理論まで、宇宙好き・天文好きなら絶対に知っておくべき常識を100厳選してお届け。宇宙に関するさまざまな疑問が、本書を読めば解けること間違いなし。著書は、科学雑誌『ニュートン』で数々の記事を執筆したことのある荒舩良孝氏。

107『太陽からの光と風』

意外と知らない?太陽と地球の関係。天体としてみた太陽は、ごくありふれた星かもしれないが、私たちにとっては、最も身近な星として、その存在の大きさははかり知れない。太陽が駆動する地球という視点からいまの地球の気候や生態系、そして地球を取り囲む宇宙環境へと目を向けてみよう。そこにはいつもと違う太陽の姿が見えてくる。

sun読むきっかけ&目的&感想

皆既日食(部分日食)が7月22日に見られるという事で、日食を観測する時の注意を含めてニュースになっているのをよく目にする。22日は水曜日と平日だけど、あたしを含めて楽しみにしている人は多いみたいだ。

そんな気分になっている時、いつも利用している図書館で、“~日食と宇宙の本~”と題してピックアップされた14冊の本の題名が記されたチラシを手にした。で、その中で気になった本を数冊読んでみる気になった。

さくら好み ★★★☆☆

両書とも解りやすく簡潔に書かれていた。

宇宙の話も人間の体内時計の話も面白く、‘グーグルムーン’を眺めたり、‘グーグルアース’を‘スカイ’や‘火星’に切り替えて眺めたりしながら、ダラダラぼちぼち読んだ。

死ぬまでに、宇宙旅行に行けるかしらん? catfaceshine

Dvc00004

↓あたしが購入した日食グラスsun
Dvc00012

↓日本各地の日食時刻。クリックするとポップアップします。
Syokubun_w750_4

↓日食によるピンホール効果等を見る事が出来ます。

 

|

« 105『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』 蓮池透 初版2009年 | トップページ | 108『1Q84 -BOOK1 -BOOK2』 村上春樹 初版2009年 »

コメント

22日 楽しみだね fullmoon moon1 moon2 moon3

宇宙少女さくら へ (≧∇≦)

投稿: nono1 | 2009年7月17日 (金) 05時47分

楽しみup

宇宙(気分は)少女のさくら より  wink

投稿: さくらスイッチ | 2009年7月17日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 105『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』 蓮池透 初版2009年 | トップページ | 108『1Q84 -BOOK1 -BOOK2』 村上春樹 初版2009年 »