« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の4件の記事

2009年2月23日 (月)

080『若き数学者のアメリカ』初版1977年 081『遥かなるケンブリッジ』初版1991年 藤原正彦

「この海の向こうに何があるか知っているかい?」
「この海の向うに?        



・・・・・horizon(水平線)」
私は意表を衝かれてうろたえた
「horizon,horizon」
それにしても、どうしてこれほどまでに感動するのか
自分自身よく分からなかった

20090223

pencil概要

『若き数学者のアメリカ』 1972年の夏、ミシガン大学に研究員として招かれる。セミナーの発表は成功を収めるが、冬をむかえた厚い雲の下で孤独感に苛まれる。翌年春、フロリダの浜辺で金髪の娘と親しくなりアメリカにとけこむ頃、難関を乗り越えてコロラド大学助教授に推薦される。知識は乏しいが大らかな学生たちに週6時間の講義をする。自分のすべてをアメリカにぶつけた青年数学者の躍動する体験記。

『遥かなるケンブリッジ』 「一応ノーベル賞はもらっている」こんな学者が濶歩する伝統の学府ケンブリッジ。家族と共に始めた一年間の研究滞在は平穏無事…どころではない波瀾万丈の 日々だった。通じない英語。まずい食事。変人めいた教授陣とレイシズムの思わぬ噴出。だが、身を投げ出してイギリスと格闘するうちに見えてきたのは、奥深 く美しい文化と人間の姿だった。

pencil読むきっかけ&目的&感想

昨年(2008年)9月に、ノーベル物理学賞を受賞したファインマンの回想録を読んだら、とっても面白かったので、他にも理数系の学者の回想録(エッセイ)を読みたくなり、色々探していて知った本。その時は読むタイミングを逸してしまったが、最近何故か急に思い出して読みたくなり、幸いにも図書館で借りる事が出来たので、アメリカ時代、イギリス時代と続けて一気に読んだ。

さくら好み ★★★★★

続きを読む "080『若き数学者のアメリカ』初版1977年 081『遥かなるケンブリッジ』初版1991年 藤原正彦"

| | コメント (1)

2009年2月18日 (水)

079『大統領の料理人』 ウォルター・シャイブ 初版2008年

厨房からのぞいたホワイトハウス11年

20090218

apple原題 "WHITE HOUSE CHIEF"

apple概要

ホワイトハウスの住人=大統領の素顔。クリントンとブッシュに仕えたシェフの回想録。ホワイトハウスで出された料理13品のレシピ付き。    

apple読むきっかけ&目的&感想

昨年(2008年)半ばに何かの書籍紹介でこの本を知り、面白そうだと思いつつも忘れていたんだけど、今年(2009年)に入ってこれまた何かの拍子に思い出し、読んでみたくなった。それでいつものごとく図書館で借りようと思ったけど、いつも行く市立図書館にも、めったに行かない県立図書館にも無かった。それで迷ったあげく、リクエスト(図書館で購入して貰う)する事にした。それが今年1月半ばだ。そして今現在2月18日、目出度く(?)本書があたしの手元にある。

様々なものが反映される「食生活」には、とても好奇心をそそられる。時代、文化、土地、宗教、主義、職業、収入、性別、年齢、そして「もてなしの心」「感謝の気持ち」など等、料理はあらゆる事の影響を受ける。それ故に、他人の食生活ほど面白いものは無いのではないか、と思う時がある。それがアメリカ大統領とファーストレディの食生活だったら尚更、ミーハーなあたしの好奇心はそそられる。(ちなみに本書は暴露本ではないので、スキャンダルは書かれていない。)

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "079『大統領の料理人』 ウォルター・シャイブ 初版2008年"

| | コメント (0)

2009年2月16日 (月)

078『RURIKO』 林真理子 初版2008年

昭和のビッグスターたちの恋と冒険、喝采の日々。

20090216

ring概要

昭和19年、新京。ラストエンペラー溥儀を抱え、傀儡国家のそしりを受ける満州帝国で国務院に勤務する浅井には4歳になる娘がいた。満映の理事長にして満州の黒幕、甘粕正彦がただ一人気にかけた少女、それが信子だった。

「ぜひ女優にしてください」。

天性の美貌で周囲を圧倒した信子は、日本に引き揚げたのち少女画家中原淳一の目にとまり、「浅丘ルリ子」として銀幕に華々しくデビューした!時は、石原裕次郎、小林旭、美空ひばりなどの大スターを輩出した昭和30年代。スクリーンに咲いた太陽と大輪の花に、国民は酔いしれた。ルリ子に待っていたのは、めくるめくような恋と冒険の日々だった!

映画スターとの初めての恋。
恋人に疑われ続けた、裕次郎との関係。
親友・美空ひばりと、小林旭との結婚。

恋と名声の嵐の中で、ルリ子は超然と、自分を貫く。去る者は追わない、他人の恋は祝福する。強がりでも負け惜しみでもない、ルリ子そのものだった。スターがスターであった時代、燦めくような青春を送った男女達の愛の交流を描く。

ring読むきっかけ&目的&感想

甘粕正彦について書かれた本を探していて知った一冊。図書館で借りようと思ったら、貸し出し中だったので予約をしたら、ナ・ナント164番目!!!、と凄くビックリしたのが昨年(2008年)の9月6日。あれから半年近く待って、やっと借りる事が出来た。あたしが借りた時点でも、予約が104人あった事からも、人気があるんだなぁ、と思った。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "078『RURIKO』 林真理子 初版2008年"

| | コメント (0)

2009年2月12日 (木)

071-077 備忘録 「ワイエス」他

071 『たいのおかしら』さくら ももこ 初版2003年 ★★★☆☆

072 『ナチュラル ローゼス』成田 美名子 初版1998年 ★★★★☆

073 『アンドリュー・ワイエス (はじめて読む芸術家ものがたり) 』リチャード メリマン, 渡辺 真 (翻訳) 1992年 ★★★☆☆

074 『N.C., アンドリュー,ジェイムズ3代のワイエスが描く アメリカの原像 ワイエス展』世田谷美術館 ★★★★★

20090117_1 20090117_2

20090117_3 20090117_4_2

075 『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』北尾 トロ 初版2003年 ★★★☆☆

076 『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』佐藤 優 初版2005年 ★★★★★

077 『自壊する帝国』佐藤 優 初版2006年 ★★★★★

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »