« 069『格差社会―何が問題なのか』 橘木俊詔 初版2006年 | トップページ | »

2008年12月11日 (木)

070『日本と世界の近現代史がこの一冊でわかる!』 歴史の謎研究会[編] 初版2008年

「歴史は古しといえども、常に新たである」 ドイツの詩人ハイネの言葉

20081211

libra概要

現代を生きる人にとって欠かせない歴史の基本教養「近現代史」のホ゜イントを完全整理。日本は明治維新から大正、昭和を経て現代まで。世界はフランス革命、産業革命から、二つの大戦を経て現代まで。二つの流れが一つになる!

libra読むきっかけ&目的&感想

ニュース等で田母神前航空幕僚長の論文が問題になった時、友人と「大戦&大戦後の歴史観」を色々と話した。で、近現代史の知識不足をお互いに再認識した。何ていうか、出来事が点のままで孤立していて、流れのある線として、又は広がりのある面として歴史を理解できていないのだ。

数日後、その友人が「こんな本を買ったんだけど、自分が読み終わったら読む?」と言ってきたのが本書だ。もちろん「読む、読む!」と言って、読み終えた本書を借りた。

さくら好み ★★★★★

物凄く単純化されて流れがまとめられていて面白かった。お得感のあるワンコインブックだった。   ・・・って、あたしが買った分けじゃないけど(笑)。

libra覚書 (目次)

▼第1章 近代のはじまり

フランス革命がどんどん過激化していったワケは?
圧倒的に不利だったアメリカが本国イギリスに勝てたのは?
産業革命はなぜイギリスではじまり、世界をどう変えた?
下級貴族出身のナポレオンが権力を奪うことができたのはなぜ?
ナポレオン失脚後のヨーロッパにできた「ウィーン体制」ってどんな体制?
革命から40年後、フランスで再び革命が起きたのは? ―七月革命
どうして立て続けに革命が起きたのか? ―二月革命
アヘン戦争を仕掛けたイギリスの本当の「思惑」はどこにあった?
ヴィクトリア女王時代の大英帝国、その繁栄のメカニズムは?
ナポレオンの甥っこは皇帝になってどんな政治を行った?
その後の世界を変えたといわれる「パリ=コミューン」ってそもそも何?

▼第2章 明治前期

徳川慶喜があっさりと大政奉還を受け入れたのは?
藩がなくなる廃藩置県に反対の声を上げる大名はいなかった?
新政府はどうやって“安定収入”を確保しようとしたのか?
西郷隆盛が下野した「征韓論」をめぐる対立の構図とは?
佐賀の乱、西南戦争・・・どんな士族がどんな反乱を起こした?
あっという間に広がった自由民権運動が、瞬く間に沈静化したのは?
大日本帝国憲法はなぜドイツの憲法を参考にしたのか?
国会が誕生して最初の議会では、どんな議論を戦わせたのか?

▼第3章 欧米とアジアの展開

南北戦争はどうして「南」と「北」の戦いになったのか?
ドイツを強国にしたビスマルクの「鉄血政策」ってどんな政策?
小国に分裂してバラバラだったイタリアが統一できたのは?
帝国主義の時代、欧米列国は世界をどう踏み荒らした?
アフリカが分割されるなか、エチオペアとリベリアが植民地化を逃れたのは?
インド大反乱はある「噂」がきっかけになったって本当?
その後の清の命運を左右した太平天国の乱の顚末は?
辛亥革命が中途半端な革命に終わったのはなぜ?
三国同盟、三国協商・・・第一次世界大戦前の各国の関係は?
「ヨーロッパの火薬庫」に火をつけたのは誰? ―第一次世界大戦①
なぜ連合国が勝って、ドイツ側が敗れたのか? ―第一次世界大戦②
戦略・戦術的にはどういった戦いだった? ―第一次世界大戦③
史上初の社会主義革命がロシアで起きたいきさつは?
どうして国際連盟は無力な存在で終ってしまったのか?
第一次世界大戦後のヨーロッパはどんな様子だった?
「非暴力・不服従」のガンディーはイギリス支配にどう抵抗した?

▼第4章 明治後期・大正

日清戦争を簡単に説明するとどうなる?
日露戦争で強国ロシアに日本が勝てた本当の理由とは?
日本で「産業革命」が幕を開けたのはいつのこと?
第一次世界大戦で日本はどんな“漁夫の利”を得た?
日本が「シベリア出兵」に踏み切った裏事情とは?
米騒動が起きたのは凶作が原因ではないって本当?
普通選挙法ができて、実際、政治はよくなった?
あいつぐ金融恐慌は日本に何をもたらしたの?

▼第5章 第二次世界大戦への道

「暗黒の木曜日」のアメリカはどのくらいヒドい状態だった?
世界恐慌で各国の経済はどんな打撃を受けた?
ドイツ、イタリアでファシズムが台頭した背景に何がある?
なぜ始まり、どういう展開をみせた? ―第二次世界大戦①
連合国が巻き返すことができたのは? ―第二次世界大戦②
第二次世界大戦後、各国を待ち受けていた運命は?

▼第6章 昭和前期

昭和恐慌で日本政府はどのくらい経済政策を誤った?
1931年の満州事変が日本と世界の「転機」になったのは?
政党内閣時代を終らせた五・十五事件のインパクトとは?
国際連盟脱退で日本は本当に孤立したのか?
二・二六事件でクーデターに失敗した陸軍が発言力を強めたのは?
日中戦争はどうやって始まり、どう泥沼化した?
国家総力戦体制に向けて日本が選んだモデルの国は?
政党が自ら解党して大政翼賛会に入ったのは?
なぜ日本は日独伊三国軍事同盟を結んで、アメリカを敵にまわした?
日本が勝算のない対米戦争を決意したのはどうして?
真珠湾攻撃が「戦術的に成功、戦略的に失敗」といわれる理由は?
ミッドウェー海戦、ガダルカナルの攻防・・・どこで日本はつまずいた?
最終的に日本が「無条件降伏」を決意したのはどの時点?
ポツダム宣言を受諾するまで、どんな議論が繰り広げられた?

▼第7章 戦後世界の枠組み

鉄のカーテン、封じ込め政策・・・「冷戦」ってどんな対立だった?
中華人民共和国ができたそもそもの経緯は?
マッカーサーの対日占領の方針が途中で微妙に変化したのは?
「公職追放」ではどんな人々が何人くらい追放された?
GHQが財閥を目の敵にした本当の理由とは?
天皇の人間宣言はどんな意味を持っていた?
わずか2週間で新憲法のマッカーサー草案が作られたのは?
戦後まもなくの日本で物価が猛烈に高騰したのはどうして?
朝鮮半島の分断を決定的にした朝鮮戦争の真実とは?
朝鮮戦争の「特需」で日本の経済情勢はどう変化した?
サンフランシスコ平和条約に調印しなかった国の思惑は?
いつ、どのようにして日米安保条約は結ばれたのか?
どうして日本は自衛隊の発足という“苦しい決断”に踏み切った?
「55年体制」を成立させた与野党の“胸の内”とは?
史上空前の好景気の「神武景気」は何がきっかけだった?
戦後日本とソ連の和解はどのように進んだか?

▼第8章 60年代から冷戦終結まで

キューバ危機が核戦争の手前まで近づいてしまったのは?
EUが誕生するまで、ヨーロッパはどんな議論を積み重ねた?
60年安保闘争は何に対して国民の怒りが噴出したの?
所得倍増計画で本当に所得は倍増したのか?
どうして日本は世界第2位の経済大国になれた?
国家予算1年分を費やした東京オリンピックにどんな意味があった?
文化大革命が中国に残した大きな「傷跡」とは?
ヴェトナム戦争でアメリカが撤退に追い込まれた経緯とは?
そもそも全共闘運動はなぜ盛り上がり、何をめざしたのか?
沖縄返還をめぐって「密約」があったって本当?
1972年、日中国交回復に踏み切ったそれぞれの事情とは?
オイル・ショックは、日本経済をどう変えた?
ロッキード事件は、どんな展開を見せたのか?
バブル経済はなぜ起き、そしてはじけたの?
冷戦終結で、社会主義陣営はどのように崩壊していった?

▼付章 10分でわかる!地域別「現代史」総まくり

[中東編]
中東を世界の火薬庫に変えたイギリスの“三枚舌外交”
イスラエル建国をめぐって戦争が勃発 ――第一次中東戦争
ナセル大統領の栄光と挫折 ―第二次中東戦争、第三次中東戦争
アラブの石油戦略でオイル・ショックに ―第四次中東戦争
ソ連のアフガニスタン侵攻から、湾岸戦争、9・11同時多発テロまで

[朝鮮半島編]
学生運動に敗れた韓国初代大統領 ―李承晩政権
「漢江の奇跡」の基盤をつくった軍事独裁政権 ―朴正熙政権
経済発展の時代と北朝鮮政策の変化 ―全斗煥から金大中政権まで
核開発を進めながら、瀬戸際外交を展開 ―金日成、金正日

[ソ連・ロシア編]
ゴルバチョフからエリツィンへ ―こうしてソ連は崩壊した
経済の市場化に伴って出現した新興財閥と経済危機
プーチン大統領の登場とロシア経済発展の舞台裏
強い国家を目指すプーチンが“その先”に見据えるもの

[中国編]
毛沢東の死で、文化大革命は終焉をむかえた
改革・開放路線のスタートから第二次天安門事件まで
南巡講話経済発展へ ―中国が選んだ社会主義市場経済

[アメリカ合衆国編]
ヴェトナムからの撤退、ドル・ショック・・・で方向転換をはかる
レーガノミックス、スターウォーズ計画・・・80年代はどんな時代だったか
冷戦終結後のさまざまな事態に直面したアメリカ
ニューエコノミーの繁栄から、9・11同時多発テロ事件まで

 

|

« 069『格差社会―何が問題なのか』 橘木俊詔 初版2006年 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 069『格差社会―何が問題なのか』 橘木俊詔 初版2006年 | トップページ | »