« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の7件の記事

2008年7月27日 (日)

043宮崎駿の著書 三冊

「宮崎駿」の 脳内の一部を 覗き読む

20080726_3

『宮崎駿の雑想ノート』 宮崎駿 初版1992年

『出発点』 宮崎駿 初版1996年

『時には昔の話を』 宮崎駿 初版1992年

********************

宮崎駿著作のうち興味のある本5冊中、貸し出し中の2冊を除く3冊を読む事が出来た。読むといっても、図書館で30分程度なので、流し読みだけどね。

それにしても、あたしは何故こんなに、宮崎作品だけでなく、宮崎駿その人に興味を持つようになってしまったのだろう。不思議だ。『崖の上のポニョ』を見た事がきっかけだけど、それだけじゃない。・・・鈴木プロデューサーの術中にはまっちゃったのかなぁ、すっかり“宮さん”ファンになってしまった。あぁ~・あ。 。。(苦笑)

続きを読む "043宮崎駿の著書 三冊"

| | コメント (0)

2008年7月26日 (土)

042『日本アニメーションの力』 津堅信之 初版2004年

85年の歴史を貫く2つの軸

20080717

***** 概要 *****

本書は、日本で最初にアニメーションが制作された大正時代から現在までの日本のアニメの歴史を、一連の流れとしてまとめるとともに、こんにち、世界から注目されている日本アニメの現状について議論するためのたたき台を提供しようという意図のもとに執筆したものである。

***** 読むきっかけ&目的&感想 *****

今、宮崎映画『崖の上のポニョ』が公開されている。で、宮崎作品の社会的ポジションに興味が湧いてきたので、それらしい本を探して借りてみた。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "042『日本アニメーションの力』 津堅信之 初版2004年"

| | コメント (2)

2008年7月25日 (金)

041『宮崎駿の仕事 1979~2004』 久美薫 初版2004年

「宮崎さん」がいるというだけで 世界が豊かなものに思えてくる

20080715

・・・・・ 概要 ・・・・・

【日本図書館協会選定】 でも信者のひとは読まないで!

ベルリン映画祭最優秀賞、米アカデミー賞長編アニメーション部門オスカー獲得など、いまやクロサワに並ぶ世界の巨匠として認められたアニメーション界の巨人・宮崎駿。しかし、こうした栄光とは裏腹に、作品への、ひいては宮崎ブランドそのものへの疑問の声は日本国内では年を追うごとに強まるばかりだ。

「宮崎さん」という日本最強のブランドはどう始まり、どんな作品遍歴をたどり、そして善悪含めてどんな現象を巻き起こしていったのか。個々の作品の分析に始まり、日本アニメ史における宮崎作品の位置づけを再考しつつ、これまで指摘されることはあっても正面より論じられることは実はほとんどなかった作者のアノマリーを追い、海外進出の難しさ、そして宮崎ブランドの弊害にまで迫る。

凡百の類似書とは一線を画する野心的論考集。その情報量とともに読みやすさ、分かりやすさは折り紙つき。海外メディアで活躍する著者の洞察力が冴え渡る!

・・・・・ 読むきっかけ&目的&感想 ・・・・・

今、宮崎映画『崖の上のポニョ』が公開されている。で、宮崎作品の社会的ポジションに興味が湧いてきたので、それらしい本を探して借りてみた。

さくら好み ★☆☆☆☆

続きを読む "041『宮崎駿の仕事 1979~2004』 久美薫 初版2004年"

| | コメント (0)

2008年7月20日 (日)

040『漫画映画の志』 高畑勲 初版2007年

『やぶにらみの暴君』と『王と鳥』

“笑いながら 見つめよ だまされるな 考えろ”

20070719

***** 概要 *****

高畑監督が自らの作品作りの原点とするフランスの漫画映画『やぶにらみの暴君』。30年の歳月を経て、作者たち ― 監督ポール・グリモー、脚本ジャック・プレヴェール ― は、それを『王と鳥』という映画に作り直した。なぜ、彼らはそうしなければならなかったのか? そしていま、その映画が問いかけるものとはなにか? 作者たちの烈々たる志のもとに、一本の漫画映画がたどった驚くべき数奇な運命と、作品制作をめぐる壮大なドラマを追う。

***** 読むきっかけ、目的、感想 *****

1年ちょっと前、絵に惹かれて『王と鳥』をDVDで見た。それが、とっても良かったので、この本を読んでみたいなぁ、と思った。・・・まま、日は過ぎて、最近なぜかふと思い出したので、この本を借りてみた。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "040『漫画映画の志』 高畑勲 初版2007年"

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

039『忘れられた日本人』 宮本常一 初版1960年

夏のはれた暑い日の稲を見ると、ゴクリゴクリと田の水をのんで、
稲の葉が天をさしてのびていくのがわかるような気がするという。

秋になって田に入れた水をおとしてやると、
その水がサラサラとさも自分たちの役目を果したように
さっぱりして流れていくのがわかるという。

20080713

***** 概要 *****

昭和14年以来、日本全国をくまなく歩き、各地の民間伝承を克明に調査した著者(1907‐81)が、文化を築き支えてきた伝承者=老人達がどのような環 境に生きてきたかを、古老たち自身の語るライフヒストリーをまじえて生き生きと描く。辺境の地で黙々と生きる日本人の存在を歴史の舞台にうかびあがらせた 宮本民俗学の代表作。

***** 読むきっかけ&目的&感想 *****

何がきっかけだったか忘れてしまったけど、あたしはこの一年ちょっと『~NHKアーカイブス~新日本紀行ふたたび(2005 -)』を録画して見ている。『新日本紀行(1963 - 82)』の取材地をふたたび訪れ、当時と現在の映像を対比しながらその地域の風土や暮らしを見つめなおす番組だ。つまり、日本の地域を扱った番組なんだけど、芸能人が出てくるわけでもなく、都会から来た人の小洒落た田舎暮らしを紹介するでもなく、旅行(観光)やグルメ番組でもない。『新日本紀行』当時は子供だった人が『新日本紀行ふたたび』現在では大人になっていたりして、風土や暮らしの変遷がとても如実に伝わってきて面白い。メディアが伝える情報は都会中心だけど、こういう番組もいいもんだなぁ~、なんて思いながら見ている。

で、民俗学の面白そうな本があったら読んでみたいな、なんて思うようになって探した本の一冊が本書。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "039『忘れられた日本人』 宮本常一 初版1960年"

| | コメント (4)

2008年7月 5日 (土)

038『英語にも主語はなかった』 金谷武洋 初版2004年

英語は「神の視点」 日本語は「虫の視点」

20080630

・・・・・ 概要 ・・・・・

日本語に「主語」はない。それどころか、英語における「主語」の概念すら、実は歴史上遅れて発生した特殊なものなのだ。「主語」は普遍性を持たない文法概念なのである! 千年の言語史を遡行して、「天」の言語と「地」の言語を解き明かす比較文法論。

・・・・・ 読むきっかけ&目的&感想 ・・・・・

「主語」という文法概念がなぜ英語に誕生したか(金谷氏風に言えば、英語が「する言語」化したのはなぜか)、に興味があって読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

続きを読む "038『英語にも主語はなかった』 金谷武洋 初版2004年"

| | コメント (2)

2008年7月 2日 (水)

037『近代日本語』 杉本つとむ 初版1966年

日本の近代化に日本語がどのような役割を果たしたか

20080629

***** 概要 *****

本書執筆の根本態度を一口にいうならば、日本の近代化に日本語がどのような役割を果たしたかということの探求である。であるから「近代日本語」の前に「近代化」とは何かが問われねばならない。答えは本書のすべてであるということができる。

甘美にして明晰なフランス語もその語源は卑俗なラテン語にあるという。農民や兵士・商人が口にしていたものであって、学者や貴族たちの用いた文学的ラテン語とは異なるという。日本での近代語の歩みを考察してくるとやはり相似た軌跡を描いていることを知る。もし「民衆語」という言い方があ許されるなら、近代語の歴史は民衆語の勝利の足どりでもあろう。

しかしフランス語など西欧の諸言語が血みどろな死闘を繰りかえして生きぬいてきたのと比して、日本語は狭い小島の中で安穏無事に育ったことが、近代語としてのひ弱さにも通じるであろう。

***** 読むきっかけ&目的&感想 *****

日本語の個性って何だろう、と探した本の一冊。日本語の育った環境が少しでも分かればいいな、と思いながら読んだ。

さくら好み ★★★☆☆

続きを読む "037『近代日本語』 杉本つとむ 初版1966年"

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »